1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. アカサカさんの記事一覧
  4. 日本にひたるのいちにち そのいち 東寺~南座経由の三条会商店街

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

日本にひたるのいちにち そのいち 東寺~南座経由の三条会商店街

投稿:2012年5月25日

akasaka201205-34.jpg

朝から こちらにお邪魔してます。

来週末までやったー!と朝っぱらからやってきたのが東寺。

akasaka201205-35.jpg

宝物殿で開催中の「東寺の法会用具」、こちらを拝見しにうかがいました。いつも弘法市でにぎわう東寺に来る事が多いので、今日はがらんと静かでこれもいいんですよね

akasaka201205-36.jpg

今回、こちらで展示されていたのは昨年新しく重要文化財に指定されたものなど。

行道面がね、ポスターにずらり並んでいるのですが実物みたかったんです。

こういう行事に使われるお面てすごいでしょ。目とか、表情とか。

でここまできて、いきなり思い出しました。

あたしはこの宝物殿が苦手だったのです。

それを2階にあがるときにいきなり思い出したんです。実は10年以上前、母と弘法市に来た時、ついで気分でおじゃました宝物殿。2階にあがったときにはじめて拝見したのが千手観音さまです。

ここの千手観音さまを観られた方は多分わかってもらえると思うんですがものすごく近くてすごい圧迫感なんですよね。他にも並んでるんだけど白い部屋 にいるからよけいに迫ってくる感じが強くて。初めて仏像をみて怖かったんです。怖くて壁にへばりついて無意識に手を合わせたんですよ。

akasaka201205-37.jpg

で、後から崇拝とか信仰心とかってこういう言葉とかであらわすものじゃなくて無意識に手をあわせてしまうような「何か」があるからなのかなと思って、そこから寺社仏閣や、仏像に興味がわいて来たんです。

2階にあがるとそれを思い出して、千手観音さまがおられる部屋の開けっ放しの扉からちらっとみえるお姿がもう怖くて、そこには入らないようにしよ う、と思ってみないフリして他の展示をみてたんだけど、なんかね、壁の向こうから見られている気がして気になって結局はいってしまいました。

やっぱり怖かった、ほぼ、お顔はまともにみられなくて怖くて逃げるように帰ってきました。うーん、唐招提寺の千手観音さまも、祇園閣でものすごい距 離で拝見した仏像も、全然怖くなかったのに、なんでここだけこんなに怖いんだろう~。あれですかね、前世でなんか相当なことをやらかしてるんですかね。

akasaka201205-38.jpg

あー怖かった~。と思いながらちゃんとお参りだけしていこうとお散歩してたら、修学旅行生やら観光客の間でお掃除をされてる方がおられました。 ん?なにやら白いラインをひいてる。なんだろう~とじーっとみてたら、なんか見覚えのある感じ・・

あ!!あさっては21日で弘法市!弘法市の露天の区画割りでした。2日前からこうやって準備していかはるんや~いつもありがとうございます。 

ふと、そういえば東寺さんは、以前初めて「都七福神」をしたときにたまたまお邪魔した日にこちらの後七日御修法の行事に偶然遭遇して、感動したお寺でした。(この時の日記はこちらで す~)このときにお参りしたいろんな偶然や出会いから御朱印をいただくようになったんだなあ。となると今のあたしの寺社仏閣うろうろと、御朱印集めはすべ て東寺さんのおかげなのか。(そもそも京都の市めぐりが好きになったのもこちらの弘法市からだった)うーむ。あたしにとって東寺さんはちょっと別格なので すかね。毘沙門さまだしなあ。

akasaka201205-39.jpg

さらに、今日はこのかたもものくごい至近距離でみずあびされてました。

こんな近くでおあいするのも初めてよね。

朝、一番におじゃました東寺さん、お天気もよかったのできもちよかったです。

またお邪魔しますね。

でも宝物殿は、ちょっとこわいので、またしばらく立ち寄らないようにしよう。観智院とか講堂とかは大好きなのになー

さて。次は市バスに乗って一路京阪四条へ。

akasaka201205-40.jpg

南座にやってきましたー

ここで母りょうこと合流。現在南座では坂東玉三郎さまの「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を公演中。来月は演目をかえてはいるものの玉三郎さまお公演です。

でも、今日はお芝居をみにきたのではありません。こちらで開催中の「玉三郎美の世界展」を拝見しにきました。

初の試みらしく、南座のロビーなどを使って玉三郎様の貴重な衣装などが展示されているこの「世界展」上演中と開演前の時間を除いて1000円で、みせていただけるのです。これ、すごくうれしいですよね~

ということでおじゃましました。玉三郎さま大好きな母に衣装の事とかいろいろ解説もらいながら(衣装は男性身幅だから広いとか、それでも女形なので 華奢にみせないといけないから袖を長くして、指先だけが袖から出るようにできてるとか、小道具は少し大きめなものを作ってご自身の体を小さくみせるのだと か。)

豪華な刺繍や重そうな衣装に感動しました。さらに玉三郎さまの楽屋再現とかプライベートの写真も。

実はこの展示、フラッシュ撮影や、動画撮影をしなければ、普通にカメラで撮るのはOKとのことだったので、恥ずかしながらケータイで、ぱちぱち撮らせていただきました。

いっぱい撮りすぎたので

こちら、にまとめました~順番が前後してるのもありますが(汗)よろしかったらどうぞ。

ほんとに美しかったですよ~

この展示南座の「ちょっとした空間」全部を使っているので1階から3階までくまなく展示スペースがあって、歩きまくります。ちょっと膝が弱いうちの母が、「しんどくなったー」と言っていたら、係のおねえさんが順路とは違う、歩きやすい回り方もご案内いただきました。

おまけに迂回しないといけないところでは、他の係のおねえさんが開演前の座席を横切らせてくださったり、舞台セットもみせていただいたり(もちろん遠目ですけどね)ちょっとした質問にもこころよく応えてくださったり、スタッフの方がほんとに素敵でした~

(さりげにみなさん図録を持ってたっていたので「宣伝かい」と思ってたら、回りながら図録を観てみたい方へのサンプルを持っているだけでした、買うなら1階でしか買えなかったのです。いやらしい見方をしてすみません。。

これで1000円でいいんですかー!といいたくなる内容の豪華さ、来月上演演目がかわると展示衣装も一部入れ替えがあるらしいのです。ニクいー!

大満足でした。

この記事の元記事へ



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗