上村松園展

≪舞仕度≫ 大正3年 京都国立近代美術館

「松園の前に松園なく、松園の後に松園なし」

人物画の名手として、ここまでの賞賛を受けた明治・京都画壇の巨匠、上村松園(うえむら・しょうえん)。
その過去最大級の回顧展が、2010年11月2日より、京都国立近代美術館にて開催されます。
「京都で遊ぼうART」では、彼女の生まれ故郷・京都で開催されるこの展覧会にちなみ、見どころの作品や、京都画壇でのエピソードなど、展覧会をより楽しめる情報をご紹介します!

上村松園展

開催場所:京都国立近代美術館
開催期間:2010年11月2日(火)~12月12日(日)
【前期】11月2日~23日
【後期】11月25日~12月12日

京都に生まれ育ち、円山・四条派に連なる画家に学び、文展等官展系展覧会に高い気品の漂う人物画を数多く発表し活躍した女性画家・上村松園(1875-1949)。彼女は、一途に「ひとのすがた」、とりわけ女性達の姿を描き続けました。彼女が「ひとのすがた」に託して描き出そうとしたもの、松園の芸術の本質とはなんだったのか。数々の代表作約80点を通して辿る、過去最大級の回顧展です。

入場料や開館時間などの詳細につきましては、こちらの展覧会情報ページにてもご案内しております。併せてご覧下さい。→「上村松園展」

【主な見どころ】

松園といえばこれ!代表作がずらり勢揃い

松園の代名詞とも言われる『序の舞』をはじめ、『花がたみ』『人生の花』『母子』、そして異色作と名高い『焔(ほのお)』など、上村松園の代表作がずらりと一堂に介します。(一部前後期で展示替されるものがございます。お目当ての作品をお見逃し無く!)

「綺麗」だけでは言い表せない、松園の様々な顔に迫るラインナップ

上村松園といえば、気品たっぷりで凛とした、美人画。しかし、松園は決して「綺麗で美しい女性」ばかりを描いたわけではありません。多彩な女性の表情を描き出す力量と、人の姿に託した彼女の思い。多彩なラインナップでじっくりと味わえます。

大回顧展ならでは、初期の作品も網羅

松園が最も活躍し、多くの代表作を生み出したのは昭和のころ。しかし、絵はそれ以前からの積み重ねがあってこそ生まれるもの。展覧会では、明治・大正のころに描かれた作品も網羅。中には久しぶりにお目見えする作品もあります。代表作にたどり着くまでの松園の世界の変遷を、感じ取ってみて下さい。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗