• このエントリーをはてなブックマークに追加

京都発の本格アートフェア「ART KYOTO 2012」!
「アートフェア京都」が開催されてきたホテルモントレ会場に加え、新たに国際会議場(国立京都国際会館)も加わり大規模な国際的アートフェアとして行われることになりました。

その見所やねらいは?そして楽しみ方は?どこが前と変ったの?
というわけで、ここでは企画に携わった方に直接インタビューをさせて頂きました。

今回は主に新たに加わった国際会議場(国立京都国際会館)の内容を中心に、
井村優三
さん(ART KYOTO 2012実行委員/イムラアートギャラリー)にお話を伺いました。

京都に現代美術をまとめて見せる、より大きな場所をつくりたい。
国際会議場(国立京都国際会館)が加わった理由。

──本日はお時間を頂きありがとうございます。今回のART KYOTO 2012 ではホテルモントレ京都はもちろんですが、新たに国際会議場(国立京都国際会館)が会場として加わりました。新会場設定の理由について、お伺いしたいのですが。

井村(以下I):これまでの「アートフェア京都」は、2010年と11年にホテルモントレで二度開催されました。僕も初回から協力をさせてもらっています。

ホテルモントレ会場では、実際の「家」や「部屋」のイメージで展示を行うのですが、その分どうしても作品の見せ方には制限があるんです。なので、もっと広いところで、インターナショナルなアートフェアの形式での展示を見てもらいたいと思いました。そこで単なる「イベント」として終止しないよう国際会館での開催を提案したんです。国際会館は地下鉄でホテルモントレともつながっている場所ですし、広く京都の町全体を会場にするという感覚です。トークショーや地下鉄沿線での教育プログラムも充実させ、このフェアを京都全体の文化催事として実現しようと決めました。

「アートフェア」は、海外ではあちこちの主要都市で行われています。アジアなら香港や韓国、台湾(台北)、ヨーロッパならスイスのバーゼル、フランスのフィアックとか…コレクターの人たちはアートフェアを追いかけて世界を回っていたりもするんです。 そしてそこには必ず新しい作品があって、見て、購入することができる。 アートフェアに出展するギャラリーは、特に一押ししている作家や注目されている新作を出してきます。それがたくさん並ぶわけですから、毎度何が出てくるかわくわくして、新鮮で面白いんですよね。 一軒ごとに回るよりも楽だし、一度にたくさんのギャラリーの色々な作品を比較しながら見ることもできます。それに、各会場それぞれ独特の雰囲気があるし、各国・各都市の文化力もよく見えるものなんです。それを見たくて毎年通ってしまう人も多いんです。

──アートフェアは主要都市がそれぞれの文化を紹介している場でもあるんですね。それが今回京都で行われることにはとても意味があると感じます。

I:京都にはたくさんの国宝や重要文化財、世界遺産があり、昔から続くものを大切に受け継ぐためには必ず次新しいものが続いていかなければなりません。京都では次を担う若い作家もたくさん活動していて、過去から現在までの文化・芸術が揃っている。でも、その「新しい」部分が多くの人の認識からは抜け落ちてしまっているところがあります。それでは、文化、芸術の流れは途切れてその歴史は断絶してしまいます。だからこそ、その流れをつないでいくために今のアートにも目を向けてもらいたいのです。

ですので京都でアートフェアを開催する理由の一つには、「これだけすばらしい文化・芸術に囲まれた環境にいるのだから、もっとアートに目を向けてほしい」ということがあります。

残念ながら、今の京都には現代美術を専門にまとめて人に見せる大きな場所はあまり揃っていません。でも、現代美術はよくわからない、馴染みがない人が多い、だから現代美術を集めたところに人はこないのか?というとそうではありません。実際、海外ではパリのポンピドゥーセンター(*1)やNYのMoMA(*2)は毎年たくさんの人が来館しているし、観光名所になっています。日本だって、金沢21世紀美術館には年間何百万の来館者がいます。京都だってそういう場所に人は集まってくるはずです。

今回、国際会議場(国立京都国際会館)を会場にしたことには、その”現代美術をまとめて見せる場所”を京都につくるという意味もこめているんです。

別に美術作品を大きな規模で見せるのは、京都市美術館じゃなければいけない、というわけではありません。逆に国際会議場(国立京都国際会館)で美術を飾ってはいけないか、というわけでもない。国際会議場(国立京都国際会館)はもっと文化祭事に使われてもいい、と僕は思っています。 場所としても回りは山や川に囲まれていて自然環境もすばらしい。町とも地下鉄でつながっている。こんな恵まれた場所はほかにありません。 京都には人に見せるべき場所もものも、数えきれないほどあるんだし、上手に使えばもっと人は呼べるんです。それだけのポテンシャルがある場所なんですよ。

初心者ももちろん歓迎。ギャラリーのセンス、国際アートフェアの空気を十分に味わって。

──では、実際の展示やイベントの内容についてお伺いしたいと思います。新たに加わる国際会議場(国立京都国際会館)会場での展示はどのようになっているのでしょうか。

I:展示の仕方や内容はホテル会場よりももっと自由になりますね。どのように作品を展示するかもギャラリーの自由です。そのギャラリーのセンスも見られると思います。「ああ、ここのギャラリーの展示は好みだな」って。そういうところから好きな作品を見つけていけるのではと思います。

世界的に活動しているギャラリーも出展しているので、ここから将来国宝や重要文化財級の作品を作る人もいるんじゃないか?と思って探してみても面白いと思いますよ。

──国際会議場(国立京都国際会館)では関連イベントも多く企画されていますね。

I:大変充実していますよ。国際会議場(国立京都国際会館)では多くのトークイベントが行われますが、これは「もっとアートフェアに教育的なプログラムを取り入れていこう」ということで企画されたものです。今まで以上に文化事業としてのグレードも上がってきていますよ。 ヤノベケンジさんや椿昇さん、最終日には京都市立芸術大学の学長さんもお呼びしています。特別ゲストにはやなぎみわさんも参加予定です。 また、今回は表千家の青年部の方もお呼びして、呈茶をして頂くことになっています。

──現代美術の作品のすぐそばで伝統文化である茶道を、というのは京都のアートイベントならではの試みですね。

I:京都でやるからこそ、こういうことは綺麗に形になるのかもしれませんね。

何より、まずは実物を見て、肌で感じてほしいと思います。見ているうちにだんだん自分の中でも理解ができるようになっていくと思うし、自分の好みもわかってくるものだから。そして何より、「アートフェア」は「アートの見本市」。だから見ているものが実際に買えることも大きなポイントです。

アートに詳しいわけではないし、知識もない、けれど興味はあるし家に絵の一枚くらい飾りたいと思っている。ギャラリーにも行ってみたいけどなんとなく敷居が高い、そう思っている人に是非来てほしい。なぜなら100軒ものギャラリー、約500名の作家の作品が一度に見られるし、その場で買える。言うなればフリーマーケット感覚!歩いて見て好きな物を買う。おまけにギャラリーのスタッフは説明したくてうずうずしているし作家本人から作品の説明を聞けたらその作品への思い入れも強くなる。そんな思い出と共に残る作品を家に飾れるってすごくないですか。

──そこは現代アートのイベントならではのポイントですね。今後の展開についてはどのようにお考えですか?

I:一度目の開催のころは、まだ京都でアートイベントはできるのか、という状況だったのですが、確実に京都のアートイベントとして根付いてきていると思います。今後はある程度スパンを置いて準備をして、何年かに一回の規模でこういうことができたらと思います。毎年もいいけれど、その方が内容も充実するし、ワールドカップやオリンピックみたいなわくわく感がある。いずれは、世界から人が集まるビエンナーレ(2年に一度開催される国際美術展覧会。ヴェネツィア・ビエンナーレなどが知られる)やトリエンナーレ(3年に一度開催される国際美術展覧会)のようになっていけたらいいですね。

──アートのために人が世界中から集まってくる。今回はその第一歩に参加できるというわけですね。 当日もとても楽しみになってきました。本日はありがとうございました!
  • *1) Centre Pompidou:フランス・パリにある近現代美術専門の文化施設。今までに1億5千万人以上が来館。
  • *2) The Museum of Modern Art:ニューヨーク近代美術館のこと。モダンアートの殿堂として名高い。

【Profile】

井村優三(いむら・ゆうぞう)
京都生まれ。イムラアートギャラリー京都 / 東京 ディレクター。
アート京都実行委員。アートフェア東京実行委員。

実家の美術商の仕事で英国に滞在中、現代アートに目覚め、ギャラリストに。
美術館などでの企画展も多数展開し、幅広い美術の世界をプロデュースしている。
主な展覧会に「ZIPANGU展:31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。」
「セラミックロード:海を渡った古伊万里」「ルネラリック:光への軌跡」「没後100年記念エミール・ガレ展」
「ユキパリスコレクション:ヨーロッパアンティーク美しきくらし展」「木梨憲武 色の世界展」など。
イムラアートギャラリーについてはこちら

詳細・お問い合わせ

ART KYOTO 2012 実行委員会
公式ホームページ: http://www.artkyoto.jp/MAIL:info@artkyoto.jp



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗