1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. ZIPANGU/ジパング展-31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。-

ZIPANGU/ジパング展-31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。-

2011/09/28 ~ 2011/10/10



石原七生「海人 Lucky Dragon No.5」2010 (撮影:宮島径)
© ISHIHARA Nanami Courtesy Mizuma Art Gallery



―アートの黄金郷。

西洋からやってきた冒険家マルコ・ポーロが、日本を「黄金郷」であると伝えた時と同じように、今、日本は新鮮な発見と驚きをもって世界に迎えられています。
人々の視線の先にあ
るのは、産業技術や食文化だけではなく、独自の美的世界から表現された日本の現代アート。本展では、21世紀の現代アートを担う31人の気鋭作家による、
絵画や立体、映像などの多彩なジャンルの作品を展示・ご紹介します。
参加アーティストは、会田誠、三瀬夏之介、束芋、山口晃、山本太郎...など、皆現代の日本を代表するアーティストばかりです。欧米美術の枠組みにとらわれることなく、エネルギッシュかつ自由闊達に表現された、見る人を熱く、高ぶらせるような作品の数々をご覧ください。



ジパング展は「日本の現代美術の魅力を世界に向けて発信する。
日本人自身にもその魅力を再認識して欲しい」というメッセージを込めて企画されました。
東日本大震災と福島原発事故が惹起した未曾有の国難の中で、本展が開催できることは大変意義深いものがあります。日本が長年培ってきた食の安全神話や先端科学
技術の世界的な優位性が揺らいでいる今、変わることなく日本が世界に誇るべきものの中には、独自の文化力があります。その一翼を担う現代美術は光り輝いています。


21世紀は知力の時代と言われています。本展に出品された作家たちが流したパースピレーション(汗)と優れたイマジネーションに裏打ちされた世界に触れ、日本の現代美術の魅力を再認識していただければ幸いです。

ジパング展キュレーター 三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)※公式HPより


参加アーティスト(敬称略・五十音順)

会田誠、青山悟、池田学、石原七生、上田順平、O JUN、岡本瑛里、風間サチコ、樫木知子、熊澤未来子、鴻池朋子、近藤聡乃、指江昌克、染谷聡、棚田康司、束芋、天明屋尚、南条嘉毅、藤田桃子、町田久美、三瀬夏之介、宮永愛子、森淳一、山口藍、山口晃、山﨑史生、山本太郎、山本竜基、吉田朗、龍門藍、渡邊佳織

■ 展覧会の詳細はこちら!「ZIPANGU」展公式サイト:http://zipangu.org
■ 9月26日(月)にはプレイベントとして 三潴末雄×小崎哲哉 トークイベント「日本・原発・美術」が京都精華大学にて開催されます!(予約制)→詳細はこちら!

三瀬夏之介「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる」2010 (撮影:瀬野広美)
© Natsunosuke MISE
Courtesy imura art gallery




CHECK POINT

【関連イベント】キュレーター・三潴末雄による作品紹介

会期初日には、「ZIPANGU展」のキュレーションを担当した三潴末雄(ミヅマアートギャラリー)氏による展示解説イベントが開催されます!
作品を前に、ポイントやエピソードを交えてご紹介します。ここだけでしか聞けないお話が満載です!

日時:2011年9月28日(水) 14:00~
講師:三潴末雄(みづま・すえお/展覧会キュレーター/ミヅマアートギャラリー ディレクター)
※ 聴講無料・予約不要

【関連イベント】アーティストトーク&サイン会

会期中には参加アーティストも来訪!
自ら作品を前に解説したり、質問に答えたりしてくれます。
現代日本を代表するアーティストたちに直接会えるチャンスです!
トークショーのあとには、サイン会も開催。
※各日 14:00~
※聴講無料・予約不要
※内容等は都合により、変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。

■ 10月1日(土) 山口晃
■ 10月2日(日) 宮永愛子
■ 10月8日(土)  森淳一
■ 10月9日(日)  三瀬夏之介
■ 10月10日(月・祝)  山本太郎

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗