1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅-心をかたちに-

臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅-心をかたちに-

2016/04/12 ~ 2016/05/22


【京都国立博物館】

京都国立博物館

今からおよそ1500年前の6世紀始め、菩提達磨(ぼだいだるま)によってインドから中国へ伝えられたとされる禅宗。その後、禅宗の一派である臨済宗・黄檗宗の源流に位置する中国の高僧・臨済義玄(りんざいぎげん)によってその教えは広がり、日本には鎌倉時代にもたらされました。
禅の教えは武家はもちろん、天皇家や公家、さらには民衆まで広く知られるようになり、日本の社会と文化に大きな影響を与えました。最近では欧米の人々にも「ZEN」としてその思想は広がりを見せています。

特定の経典を持たない禅宗では、その教えは言葉や文字ではなく、師と弟子との直接の関わりの中で受け継がれてきました。その修行は坐禅を中心としますが、日常生活における立ち居振る舞いすべてが修行の一環とされ、禅問答を通じた師と弟子の心の交流を経、自分自身の心の内にある仏性を見出すというかたちで、悟りの境地へ至ります。

今回の展覧会は臨済義玄の没後1150年、そして日本における臨済宗中興の祖である白隠慧鶴の没後250年を記念して開催されるものです。臨済宗・黄檗宗15派本山とその塔頭・末寺の全面協力のもと、各寺院に伝わる禅僧の肖像画や仏像、書画、工芸品などを一堂に集め、224件もの名宝の数々をご紹介します。

展示品には、禅に傾倒した室町幕府4代将軍・足利義持の命で描かれた室町時代初期の水墨画の名作・国宝「瓢鯰図(ひょうねんず)」をはじめ、力強くもユーモラスな画風が特徴の白隠による「達磨像」、室町時代を代表する画僧・雪舟の傑作として名高い国宝「慧可断臂図(えかだんぴず)」など、日本の美術史を代表する名品も多く含まれます。
また、国宝「玳玻天目(たいひてんもく)」など禅と深い関わりをもつ茶道具や、禅宗寺院を彩った狩野派による障壁画の大作、黄檗宗寺院に伝わる異国風のユニークな仏像なども見どころです。


名宝の数々を通じ、禅の世界とその真髄に触れる貴重な機会です。ぜひご高覧ください。

※会期中展示替がございます。
【前期】4月12日(火)~5月1日【日)/【後期】5月3日(火・祝)~22日(日)
(一部前期・後期とは異なる展示期間の作品もございます。詳細は公式ページ等でご確認ください)

【作品画像】
(1)国宝「慧可断臂図」雪舟等楊筆 室町時代 明応5年(1496) 愛知・齊年寺(5/3~5/22展示)
(2)重文「臨済義玄像」一休宗純賛 伝曾我蛇足筆 室町時代(15世紀) 京都・真珠庵(4/12~5/1展示)
(3)「達磨像」白隠慧鶴筆 江戸時代(18世紀) 大分・萬壽寺(4/12~5/1展示)
(4)国宝「瓢鮎図」大岳周崇等三十一僧賛 大巧如拙筆 室町時代(15世紀) 京都・退蔵院(4/12~5/1展示)
(5)十八羅漢坐像のうち「羅怙羅尊者」 范道生作 江戸時代 寛文4年(1664) 京都・萬福寺(通期展示)


CHECK POINT

【関連イベント】講演会・土曜講座

記念後援会「禅における〈心〉のかたち」 


日時:2016年4月16日(土)13:30~15:00
講師:野口善敬氏(花園大学国際禅学研究所所長)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員180名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要
※当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

講演会「禅と水墨画 雪舟と白隠を中心として」


日時:2016年4月24日(日)13:30~15:00
講師:山下裕二氏(明治学院大学教授)、細川晋輔師(臨済宗妙心寺派龍雲寺住職)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員180名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要
※当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

関連土曜講座



会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員180名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要
※当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

【1】禅画と墨蹟-近世の禅林美術-


日時:2016年4月23日(土)13:30~15:00
講師:福島恒徳氏(花園大学文学部教授)

【2】頂相彫刻(ちんそうちょうこく)の特質


日時:2016年4月30日(土)13:30~15:00
講師:浅見龍介氏(京都国立博物館企画室長)

【3】仏師の古文書


日時:2016年5月7日(土)13:30~15:00
講師:羽田聡氏(京都国立博物館主任研究員)

【4】喫茶の広まりと寺院


日時:2016年5月14日(土)13:30~15:00
講師:降矢哲男氏(京都国立博物館研究員)

【5】画僧の系譜-明兆から雪村まで-


日時:2016年5月21日(土)13:30~15:00
講師:山本英男氏(京都国立博物館上席研究員)

【関連イベント】声明/四頭茶会/狂言

声明―禅の祈り


声明(しょうみょう)とは、僧侶がお経や回向文に節をつけて奏でる仏教音楽の一つで、儀礼の際に行われます。禅寺では梵唄(ぼんばい)とも呼ばれています。
声明は寺院によって異なり、萬福寺の声明は、中国・明の時代の影響を色濃く残した独特な音色で、鐘や太鼓などとあわせダイナミックに奏でられます。
一方の相国寺の声明は、中国・元朝(げんちょう)風の美しい曲節が有名で、「相国寺の声明面(しょうみょうづら)」と評されています。
今回は萬福寺・相国寺の声明をそれぞれ講堂にて行います。この機会に禅の祈りの音楽を体験してみてください。

日時:【1】《黄檗宗大本山 萬福寺》4月29日(金・祝)13:30~14:30
   【2】《臨済宗大本山 相国寺》5月8日(日)13:30~14:30
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員180名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要
※当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

四頭茶会―禅院の茶礼


「四頭茶会(よつがしらちゃかい)」とは、正客4人とそれぞれ8人ずつの相伴客、4列で計36人をもてなすための特別な喫茶儀礼です。
日本に禅とともに茶の文化を伝えたとされる栄西禅師を開山(創健者)とする建仁寺では、毎年4月20日にこの茶会が行われてきました。
今回、展覧会のために特別にこの四頭茶会を再現・実演し、その礼儀作法を解説します。

日時:2016年5月3日(火・祝)13:30~15:00
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員180名)
※事前申込不要
※当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

狂言「にせ地蔵/でんでん虫」


狂言や能は禅の影響を深く受け、室町時代に花開きました。
今回は、千本ゑんま堂大念佛狂言保存会の協力のもと、2つの狂言の演目を上演します。

日時:2016年5月15日(日)【1】《にせ地蔵》11:00~12:00/【2】《でんでん虫》14:00~15:00
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員180名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要
※当日各プログラムの開始1時間半前に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)


【関連イベント】坐禅会/ロビー講話

坐禅会(イス坐禅+講話)


椅子に座った状態で足を組まずに行える坐禅「イス坐禅」による坐禅会です。
禅宗の僧侶が、正しい坐禅の組み方や心の整え方を説明するとともに、禅の心や教えを日常に活かす方法などをお話します。
坐禅を組んで、体と呼吸、心を調えましょう!

日時:2016年4月17日(日)・21日(木)、5月1日(日)・5日(木・祝)・12日(木)・19日(木)
   【日・祝】11:00~12:00/14:00~15:00
   【平日】14:00~15:00
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員180名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要
※当日各プログラムの開始1時間半前に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

ロビー講話


禅宗の僧侶が、禅の心や教えを日常に活かす方法などをわかりやすくお話します。

日時:【毎週火曜】11:00、13:00、15:00/【毎週金曜】11:00、13:00、15:00、17日(各回15~20分程度)
会場:京都国立博物館 平成知新館1階グランドロビー西側(定員30~50名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要
※当日プログラム開始時間に、1階グランドロビー西側に集合してください。
 スペースに限りがございます。予めご了承ください。

【関連イベント】ワークショップ “くじ”で出会う 禅のことば

子供から大人まで参加できるワークショップ。
くじ引きで「禅のことば」に触れてみませんか?偶然の出会いが、貴方の心にどのように響くでしょうか。

日時:会期中毎日 10:30~16:00(受付は15:45まで/15分程度)
会場:京都国立博物館 平成知新館2F ミュージアムラボラトリー(先着150名)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要(受付は先着順となります)

【関連イベント】日経 ウーマノミクスセミナー 「禅のこころ」~自信をつけるこころの整理術~

「一休さん」こと一休禅師を開祖とする京都・大徳寺の塔頭(たっちゅう)寺院、真珠庵住職の山田宗正氏を講師に迎え、禅の教えを通して心豊かに元気に生きる方法を考えます。

日時:2016年4月21日(木)18:30~20:00(途中入場可)
講師:山田宗正氏(大徳寺塔頭真珠庵住職)
会場:日本経済新聞社 大阪本社1階カンファレンスルーム →【MAP】
※こちらのイベントの会場は京都国立博物館ではありませんのでご注意ください
定員:100名(応募多数の場合は抽選)
※事前申し込みが必要なイベントです。(4月14日(木)締切)
 →詳細・お申し込みはこちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗