1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 花園大学歴史博物館
  5. 湯島 麟祥院 ―春日局と峨山慈棹―

湯島 麟祥院 ―春日局と峨山慈棹―

2016/04/02 ~ 2016/06/04


【花園大学歴史博物館】

花園大学歴史博物館

【作品画像】
(1)春日局像 狩野探幽筆  江戸時代(17世紀) 東京・麟祥院蔵 ≪展示期間:後期 5月9日~6月4日≫
(2)春日局像 狩野探幽筆 江戸時代(17世紀) 京都・麟祥院蔵 ≪展示期間:後期 5月9日~6月4日≫
(3)布袋図 河鍋暁斎筆 江戸時代~明治(19世紀) 東京・麟祥院蔵 ≪展示期間:前期 4月2日~5月7日≫


春日局の菩提寺として名高い麟祥院(りんしょういん)。寺の名は春日局の法名にちなんだもので、全国に同じ名の寺院が2箇所あります。ひとつは東京・湯島にある天澤山麟祥院。そしてもうひとつが、京都・花園にある妙心寺塔頭麟祥院です。
両寺ともに臨済宗妙心寺派に属する禅宗寺院で、現在でも春日局を慕う人々が多く訪れています。

今回の展覧会は、2009年に開催した京都の麟祥院の文化財を紹介する展覧会「春日局ゆかりの寺 麟祥院」展につづき、東京湯島の麟祥院が所蔵する文化財を紹介するものです。
湯島麟祥院は昭和20年の東京大空襲により、諸堂をはじめ多くの寺宝が失われたといわれています。しかし、その災禍を潜り抜けた文化財も数多く残っており、今日まで大切に護り伝えられています。これらの文化財がまとまったかたちで寺外で公開される機会は、今回の展覧会が初の試みとなります。

狩野探幽による肖像画など春日局に関する資料のほか、白隠慧鶴門下の傑僧として名高い麟祥院11世・峨山慈棹の遺墨をはじめとする、白隠とその門下の僧たちによる禅画の数々が並びます。さらに、永い歴史のなかで蓄積されたゆかりの美術作品が展示されます。

今回の展覧会では、花園大学禅運か研究所デジタルアーカイブス事業との共同調査による成果として、これまで紹介されることのなかった絵画作品にも注目し、その優品を紹介します。
また、禅に帰依した春日局の姿とともに、春日局菩提寺としての麟祥院の魅力に迫ります。


CHECK POINT

【関連イベント】記念後援会

会場:花園大学教堂
※入場無料・事前申込不要(先着150名)
※講演会終了後、15:00より展覧会場にてギャラリートーク(本展の担当者による展示作品解説)を開催します

湯島麟祥院の歴史


日時:2016年4月13日(水)13:00~14:30
講師:竹貫 元勝氏(花園大学名誉教授・正眼短期大学特任教授)

春日局像と狩野探幽


日時:2016年5月20日(金)13:00~14:30
講師:山下 善也氏(東京国立博物館 学芸研究部調査研究課 絵画・彫刻室主任研究員)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗