1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  5. 2011年夏の企画展「ゆれ動いた幕末京都」

2011年夏の企画展「ゆれ動いた幕末京都」

2011/07/26 ~ 2011/08/28


【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館


皇娘・和宮の降嫁と引き替えに、徳川幕府は朝廷に攘夷決行を約束します。
そして孝明天皇が攘夷祈願のために下鴨・上賀茂の両加茂社に行幸することになり、それに14代将軍・徳川家茂が京都へ上洛、随行することになりました。将軍の上洛は、実に229年ぶりのことでした。

次第に政治の表舞台は江戸から京都へと移り、過激な攘夷思想を持つ公家や志士たちが大きな力を持つようになります。
その反動として起こったのが、「八月十八日の政変」でした。
孝明天皇は強引に攘夷をすすめ、幕府との対立を深めていく長州藩のやり方に不信感を抱き、公武合体派の公家や京都守護職を勤めていた会津藩、そして薩摩藩を信頼します。この政変で過激派の公家や長州藩は京都を追われ、失地回復を目指した長州藩や激派の浪士たちは、地下活動を行うようになります。それを「池田屋事件」で押さえ込んだのが、新選組でした。この「池田屋事件」がきっかけとなり、京都で起こった戦争が「禁門の変」です。

しかしその後、犬猿の仲だった長州藩と薩摩藩が「薩長同盟」を結ぶと時代は大きく動いていきました。
15代将軍・徳川慶喜は政権を朝廷へ還す「大政奉還」をおこなって、武力討幕派の動きを封じ込め、徳川勢力の温存に尽力しましたが、「鳥羽伏見の戦い」で旧幕府軍は朝敵となってしまいます。

八・一八の政変からのたった4年の間に京都の中では大きな事件が相次いで勃発し、政局はめまぐるしくゆれ動きました。
本展は、これらの事件の全貌、戦争の実像に迫る展覧会として企画・構成されています。
企画にあたりご協力いただいた関係機関、個人の所蔵家に厚く御礼申しあげます。

CHECK POINT

【特別歴史講演会】新発見!「土方歳三の辞世」のナゾ

新撰組の副長として幕末の日本を駆け抜けた土方歳三。
この度、霊山歴史館が所蔵している、土方と最後まで行動を共にした新撰組の隊士・島田魁が残した史料の中から、この度土方が詠んだと思われる和歌集が発見されました。
そこには「鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)
あすはかばねの上に照(てる)かと」と、間近に迫る死を覚悟した内容の歌があったことから、土方が最後の戦の際、亡くなる前日に詠んだものではと推測され、このことは「土方歳三の辞世?発見」として新聞にも大きく報道され、話題となりました。
これは土方歳三の辞世の歌なのでしょうか。講演会では、和歌集発見の経緯や辞世の歌としての根拠を詳しく解説。そして土方の生き方、そして他の隊士たちの心情などを、和歌集を通して読み解きます。

■ なお、この新発見の和歌集は、展覧会にて一般公開されます!

日時:2011年8月21日(日) 講演会:13:00~ 講師による展示解説付き・歴史館見学:14:30~
会場:霊山歴史館 講堂
講師:木村 幸比古 氏(霊山歴史館学芸課長)
料金:1,200円(歴史館への入館料は別途必要です)
※事前のお申し込みが必要です

お問い合わせ・申し込み


よみうり文化センター京都カルチャールーム
TEL:075-353-7070
詳細・お申し込みフォームはこちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗