1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 川西英コレクション収蔵記念展 夢二とともに

川西英コレクション収蔵記念展 夢二とともに

2011/11/11 ~ 2011/12/25


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


京都国立近代美術館は、2006年度より、神戸で活躍した版画家・川西英が集め続けた作品・資料の収集を進めてきました。この展覧会は、2011年10月、京都国立近代美術館が<川西英コレクション>のすべてを収蔵することを記念し開催するもので、その全貌を紹介する初めての機会となります。

この<川西英コレクション>は、大正~昭和にいたる「もうひとつの美術史」を形成する、貴重な作品の数々で占められています。
なかでも、川西英と大正ロマンを代表する画家として知られる竹久夢二の交友の結晶として集められた夢二の作品が、1000点余のコレクションの3分の1を占めています。
そこには専門コレクターも存在する、『セノオ楽譜』の表紙絵や装丁画はもちろん、貴重な肉筆画(初公開3点含む)、夢二との交流を物語る書簡など、夢二に強い憧れを抱いた川西英だからこそ手に入れることができた、貴重な作品や資料が多数収められています。



この展覧会では、これまでその全貌が明らかにされなかった<川西英コレクション>を、川西英が敬愛した竹久夢二の作品・資料を中心に、代表作約600点で構成します。
また、竹久夢二伊香保記念館・宮城県美術館など、夢二作品を収蔵する美術館・個人からもほとんど公開されていない油彩画・肉筆画も加えて紹介。近代美術史の脈絡の中に、竹久夢二を新たに位置づけます。

また、コレクションには、川西英が交流をもった同時代の先端にたつ作家たちの作品も含まれています。日本の画壇に初めて抽象画を持ち込んだ恩地孝四郎や、村山知義といった「前衛」の作家たちとの交流の痕跡も、展覧会ではご紹介します。

初公開作品が数多く含まれた<川西英コレクション>を通し、竹久夢二、川西英、そして同時代の芸術家たちの若き息吹に触れてみてください。

■ 「夢二とともに」展の企画担当、学芸課長の山野英嗣さんへのインタビュー!
 学芸員さんならではの見どころ紹介、知っておくとより深く展覧会が楽しめるお話満載です!
 →アートを支える人たちのことば Vol.1 山野英嗣さん(京都国立近代美術館・学芸課長)

■ 展覧会レポート掲載中!
 (1)川西英と竹久夢二の交流と絆
 (2)デザイナー、アーティスト...近代の芸術家・竹久夢二
CHECK POINT

【関連イベント】講演会

記念講演会「竹久夢二―芸術家コロニーの視点から」


講師:海野弘氏(美術評論家)
日時:2011年11月19日(土) 14:00~
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布します)

特別講演会「川西英コレクションについて」


講師:山野英嗣(京都国立近代美術館学芸課長)
日時:2011年12月3日(土)14:00~
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布します)

【関連イベント】記念コンサート

展覧会開催を記念したコンサートが開催されます。
得奏される曲目は、竹久夢二が表紙のデザイン・装丁を担当した「セノオ楽譜」に実際に収録されていたもの。滝廉太郎の「荒城の月」や、ビゼーの「カルメン」など現在もよく知られている名曲も含まれています。
夢二の作品を音からも楽しめるイベントです!

日時:2011年12月17日(土) 14:00~15:00
会場:京都国立近代美術館1階ロビー ※観賞無料、先着100席

プログラム


『多忠亮:宵待草』(セノオ楽譜 No. 106)
『中山晋平:波浮の港』(中山晋平 民謡曲IV)
『中山晋平:ゴンドラの唄』(セノオ新小唄 No. 3)
『成田為三:浜辺の歌』(セノオ楽譜 No. 98)
『瀧廉太郎:荒城の月』(セノオ楽譜 No. 92)
『S. フォスター:懐かしきケンタッキーの我が家』(セノオ楽譜 No. 330)
『Ch. グノー:アヴェ・マリア』(セノオ楽譜 No. 158)
『R. アーン:私の詩に翼があったなら』(セノオ楽譜 No. 66)
『G. ビゼー:カルメン組曲』(セノオ楽譜 No. 28)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗