1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 近代洋画の開拓者 高橋由一

近代洋画の開拓者 高橋由一

2012/09/07 ~ 2012/10/21


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


日本で最初の洋画家であり、「近代洋画の父」と呼ばれる、明治時代を代表する画家・高橋由一(たかはし・ゆいち)の全貌を紹介する大回顧展です。
身を削がれた新巻鮭を描いた『鮭』の絵は、教科書などで目にしたこともある方も多いのではないでしょうか。

明治維新後に丁髷(ちょんまげ)を落とし「由一」を名乗るところから、高橋由一の洋画家としての活躍が始まります。この時すでに彼は40歳を超していました。
江戸末期に西洋の石版画に出会った由一は、それまで目にしてきた日本や中国の絵画とは異なる洋画の写実表現に衝撃を受け、まだ洋画が大変珍しく資料もない中で、洋画の研究に生涯を捧げました。そこには単に絵が好き、という甘さはなく、洋画を世に広めることこそ己の使命であるという自負に溢れていました。
由一は洋画の必要性を訴え普及させるため、画業の傍らで自ら画塾を開き、展覧会を催し、美術雑誌刊行、またユニークな美術館の建設構想を抱きました。日本に洋画の必要性を必死に世間に向けて訴えたのです。



《花魁》 重要文化財 1872年 東京藝術大学蔵



《豆腐》 金刀比羅宮蔵 ※京都展限定公開

高橋由一は実際に西洋への留学経験はありませんでした。しかし由一の油絵には、西洋の写真的なリアリティとは異なる、触感や匂い、空気感までを描き出す独自の迫真性に富んでいます。
それは後の黒田清輝や浅井忠といった渡欧して学んだ日本の洋画家たちの流れとは一線を画す、本場の西洋画を知らずに写実に挑んだ由一だからこそ生み出された、日本的な写実表現です。

展覧会では、最もよく知られている『鮭』を含む重要文化財の作品を三点を展示するほか、長野、山形で新たに発見された作品など由一の代表作を網羅し、初期から晩年までの作品までが一堂に公開されます。
また、由一が影響を受けたとされる歌川広重や司馬江漢などの作品や、由一の人となりや活動を現代に伝える「由一史料」と呼ばれる文書類もあわせて展示し、近代洋画のパイオニア・高橋由一の魅力とその役割を探ります。
CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会・ワークショップ

記念講演会


「由一は、なぜ鮭と豆腐を描いたのか」


日時:2012年9月8日(土)14:00~15:30
講師:古田 亮氏(東京藝術大学大学美術館准教授)
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、事前申込不要。当日11:00から受付にて整理券を配布)

「由一の風景画を中心に」


日時:2012年9月22日(土・祝)14:00~15:30
講師:熊田 司氏(和歌山県立近代美術館館長)
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、事前申込不要。当日11:00から受付にて整理券を配布)

ワークショップ「かるたでかたる 高・橋・由・一」


この「鮭」、見覚えありませんか?誰もが知るこの作品を描いた高橋由一はいったいどんな画家なのでしょう。
由一をテーマに、むかしあそびの代表格・かるたをつくって、あそんで、かたる、ワークショップです。
まずは由一の作品をスタッフの解説と共にじっくり鑑賞。その後発見、分析した由一の魅力や見どころを「オリジナルかるた」にまとめていきます。そして完成作をつかったかるたあそびを通して、参加者全員の見出した「由一像」に迫ります。

日時:1)2012年9月29日(土)9:30~12:00/2)10月13日(土)9:30~12:00/3)10月13日(土)13:30~16:00
ナビゲーター:朴 鈴子/髙見澤こずえ(共に京都国立近代美術館研究補佐員)
会場:京都国立近代美術館1F講堂・3F企画展会場
定員:15名(小学生以上対象)
参加費:無料(ただし、高校生以上は当日の高橋由一展チケット(当日以外の半券不可)が必要です)
※事前申込みが必要です。

ワークショップ申込み方法


【お電話にて】
京都国立近代美術館(学芸課・学習支援係)までご連絡ください。
TEL:075-762-1711(時間:9:30~17:00)

【メールにて】
件名に「由一ワークショップ申し込み」と明記し、「氏名、参加者数(参加者がお子様の場合は年齢も)、希望日、時間、電話番号を本文に書添えの上、下記メールアドレスまでご連絡ください。
MAIL:info@ma7.momak.go.jp

【関連イベント】同時開催「コレクション・ギャラリー小企画 京の由一 田村宗立 京都洋画界の先覚者」

高橋由一展と関連して、4階コレクションギャラリー(常設展示室)では高橋由一と同時期に関西を拠点に活躍した画家・田村宗立の特集展示を行います。
宗立も由一と同じく日本独自の洋画表現を追及した人で、京都洋画壇隆盛の原点となった「京の由一」とも言える人物です。
こちらもあわせてご鑑賞ください。

日時:2012年8月29日(水)~10月28日(日)
会場:4階 コレクションギャラリー
※「高橋由一展」のチケットでご覧いただけます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗