1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 樂美術館
  5. 春期特別展 樂歴代 用の美 −作陶の広がり−

春期特別展 樂歴代 用の美 −作陶の広がり−

2020/03/14 ~ 2020/06/28


【樂美術館】

樂美術館

樂焼は千利休の意を受けて、初代長次郎によって創設されました。
樂焼の代表といえば赤茶碗と黒茶碗を思い浮かべますが、茶碗以外にも、樂歴代によって 茶の湯に用いられる様々な道具が生み出されました。水指、花入はもちろんのこと、懐石 道具などのうつわ類をはじめ、意外な道具や器物が造られています。それらは、樂焼のル ーツである三彩技法を反映して、緑、黄、赤などの色釉を使い、彩り豊かに表現されてい ます。

今回は、『用の美 −作陶の広がり−』として、樂歴代が造り出した茶碗を中心に、茶の湯の「用」にあわせた作陶の広がりをご覧いただく展覧会です。皆様がイメージされている樂焼から、めずらしい思いもかけないものまで、その多様な広がりをお楽しみ下さい。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月中に予定されていた関連イベントは開催中止となりました。詳細は展覧会の公式ページをご確認ください。


CHECK POINT

【関連イベント】手にふれる樂茶碗鑑賞会

小間席の雰囲気をお楽しみいただいた後、樂歴代の作品を手に取って鑑賞していただきます。

開催日:2020年4月11日(土)、5月10日(日)、6月6日(土)
料金:3,000円(入館料含)
※開催2か月前よりお電話にて予約受付
※5月10日開催分の受付は3月14日より開始

【関連イベント】特別鑑賞茶会

樂美術館収蔵作品を使ってのお茶会です。席主は15代吉左衞門・樂直入。
茶室では当日使用のお道具について、対話がはずみます。

開催日:2020年5月17日(日)、6月14日(日)
※詳細はお電話にてお問い合わせ下さい
※開催日1ヶ月前よりお電話にて予約受付開始

【関連イベント】親子でお茶一服

中学生以下のお子様と保護者が対象です。
樂茶碗を使い、席主樂扶二子(直入夫人)が、樂焼について、やさしくお話しいたします。

開催日:2020年5月5日(火・祝)
※2月5日より電話にて予約受付

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗