1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. 第4回京都・大学ミュージアム連携スタンプラリー夏休み対象企画展「妖怪パラダイス!―現れる異形のモノたち―」

第4回京都・大学ミュージアム連携スタンプラリー夏休み対象企画展「妖怪パラダイス!―現れる異形のモノたち―」

2015/08/06 ~ 2015/09/05


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館

ようこそ妖怪パラダイスへ!

ゲゲゲの鬼太郎、千と千尋の神隠し、妖怪ウォッチなど現在も日本人が愛してやまない妖怪たち。彼らは、日本人にとって古くからなじみのある存在でした。

怪奇現象や超自然的なモノの存在は、平安時代末期の「今昔物語集」など多くの説話集に残されています。実際に、こうした現象が鬼や妖怪というかたちで造形化されてくるのは、絵と文字で物語を伝える絵巻が登場する中世以降のことですが、その文化が貴族から庶民へと広がるにつれ、個性的な「妖怪」がたくさん誕生することになりました。

代表的な妖怪のひとつに「つくも神」がいます。
あらゆるものに魂が宿ると考えるアニミズムを背景に、日本では百年の時を経たモノは「変化」の能力をもつと信じられてきました。よく知られる「百鬼夜行絵巻」では、古くなった台所用品や道具、楽器や武器から変化した恐ろしくも愉快なつくも神たちが、にぎやかに行進しています。
西洋では魔女や悪魔(デビル)といった異形のモノたちは恐ろしく忌避の対象として描かれるのに対し日本の妖怪たちがこうした古典的作品から現代のアニメ作品に至るまで、どこか愛嬌のある憎めない存在として描かれるのは、日本における異形のモノたちの特徴といえるでしょう。

今宵、京都工芸繊維大学美術工芸資料館に眠る妖怪たちが目を覚まし、みなさまを奇妙な世界へとお連れします。
さあ!一歩踏み込めば、そこは妖怪パラダイス!
往きはよいよい、帰りはこわい。楽しむあまり足をひっぱられないようにご注意を…

※この展覧会は、第4回京都・大学ミュージアム連携スタンプラリー の「夏休み賞」対象展覧会です。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗