1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 生誕300年 与謝蕪村

生誕300年 与謝蕪村

2016/08/23 ~ 2016/10/02


【京都国立博物館】

京都国立博物館

重文「奥の細道図巻」上巻(冒頭場面)与謝蕪村筆 京都国立博物館

江戸時代、俳諧と絵画双方において活躍した与謝蕪村(1716-83)。その生誕300年を記念し、彼の魅力を紹介する特集陳列を開催します。

摂津国毛馬村(現在の大阪市都島区)に生まれた蕪村は、20歳前後で江戸へ出て絵画・俳句を学び、俳人・夜半亭宗阿(早野巴人)の門をたたきます。師の没後は敬愛する松尾芭蕉の足跡を追って東北地方などを放浪したのち、35歳を過ぎてからようやく京都に居を定めました。その後も丹後や讃岐へと赴いており、京都の自宅に腰を落ち着けたのは没するまでの15年ほどの間でした。


今回の展覧会では、後半生の丹後・讃岐時代・晩年の作品を中心にご紹介します。
蕪村の代表作といわれる絵画作品はほとんどが晩年作であり、絵画制作にに関して蕪村は遅咲きの人でした。初期のうちは明・清時代の絵画にならったいかにも中国風の作品や、当時の狩野派に学んだいささか硬い線描の作品を描いており、柔和で洒脱な晩年の作品との大きな違いに驚かされます。
中国絵画を己の画風へと見事に消化した、柔らかなタッチと淡い色彩の山水画や、俳諧のセンスを生かした親しみやすくユーモアあふれる俳画は、蕪村芸術の真骨頂といえるでしょう。
時代によって大きな変化を見せる蕪村作品の魅力を、この機会にお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】関連土曜講座「描かれた『奥の細道』―蕪村から小野竹喬まで」

日時:2016年9月10日(土)13:30~15:00
講師:芳賀 徹氏(静岡県立美術館館長、東京大学名誉教授)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200名(事前申込不要/先着順受付)
料金:無料(ただし、観覧券が必要です)
※当日12:00より平成知新館1階にて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗