1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 特別展 「妖怪天国ニッポン ―絵巻からマンガまで―」

特別展 「妖怪天国ニッポン ―絵巻からマンガまで―」

2009/07/11 ~ 2009/08/31


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム

奇妙で恐ろしく、時にかわいらしくもある存在、「妖怪」。
彼らは現代においても、しばしば私たちの目の前に姿を現します。
水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」のようなマンガ作品として。

では、こうした妖怪マンガの源流はどこにあるのでしょうか。

その答えはずばり、江戸時代です。
と言うのも、この時代に、人々は現代の私たちのように妖怪を「フィクション」として楽しむようになったからです。


この展覧会には、現代の妖怪マンガにいたるまでの、江戸時代からの想像力溢れる貴重な妖怪画の数々が日本全国から集結します。
妖怪絵巻、浮世絵師の手による肉筆画などの貴重な歴史資料、見世物小屋で人々を楽しませた品々、現代の妖怪マンガの原画や関連物も多数展示。

関連イベントも盛りだくさんで、子ども向けの自由研究サポートプログラムなども開催されます。
夏休みにぴったりの、家族揃って楽しめる、「妖怪”超”入門」展です。


CHECK POINT

過去から現代まで、”妖怪"に関するものが勢ぞろい。

展示品の中には、誰もが一度はどこかで目にしたことのあるような、有名な妖怪画の数々を見ることができます。
中には、歌川国芳といった現在でも人気のある大物の作品も。
現代の「妖怪漫画」の紹介コーナーでは、おなじみの「ゲゲゲの鬼太郎」から、ファンがにやりとしてしまうようなコアな作品までラインナップされています。
また、人気作家・京極夏彦の小説の表紙にも使われた荒井良氏の作品「妖怪張子」シリーズなど、非常にリアルな展示品もあります。
かつて見世物小屋の出し物として使われていた「人魚のミイラ」(!)は必見!

暑い夏を涼しくする、ライブイベント開催。

展覧会に関連して、妖怪をテーマにしたライブイベントが開催されます。
超怖い怪談ライブから、コンサートまで、暑い夏も涼しくすごせる(?)催しが盛りだくさんです。

【木原浩勝 怪談ライブ 「新耳袋・学校編」 】
「実話怪談」の蒐集家にして語りの名手・木原浩勝氏が、超こわい話をお聞かせします。
元々学校の建物だったマンガミュージアム。これぞ本当の「学校の怪談」です。
日時 :8月8日(土) 20:00~22:00
会場 :1階 多目的映像ホール
定員 :200名(定員になり次第締切)
参加無料 (ミュージアム入場料は別途必要となります)
※ 事前申込制です。詳しくは施設の公式ホームページをご覧下さい。
※ 中学生以下は保護者同伴にてお申込みください。
※ 午後8時以降は、特別展および常設展はご覧いただけませんので、ご注意ください。

【特殊メイクの世界―妖怪ワンダーランド】
映画などで狼男やフランケンシュタインなど、物語の世界の生き物を本物のように作ってしまう特殊メイク。
フィクションの世界よりリアルに、現実にはありえないものを現実に表すことができる技術です。
今回は「妖怪」をテーマに、特殊メイクの実演とモデルとの写真撮影を楽しめるイベントです。
出演 : 北戸 幸代(メイクアップアーティスト)
     株式会社エアフォルク プロダクション事業部所属
日時 : 8月16日(日)(各回約30分)
1回目 13:00~/2回目 14:00~
会場 : 1階吹き抜けホール
参加無料(ミュージアムへの入場料は別途必要です)
※事前申込は不要です。

【囃子堂 えむえむの夕べ】
能の演目には、鬼・天狗など恐ろしい者をシテ(主役)とする「鬼物」という種類があります。
「囃子堂」の演奏には、これら日本古来の諸々のエッセンスが詰まっています。
現代に生きる能囃子をご堪能ください。
日時 : 7月15日(水)・25日(土) 1回目 16:00~/2回目 18:00~
会場 : グラウンドデッキ(雨天時は1階多目的ホール)
参加無料(ミュージアムへの入場料は別途必要です)

夏休みの思い出に。子供向けイベントも開催。

夏休み期間にあわせ、妖怪をテーマにした子ども対象の参加型イベントも開催されます。
思い出作りや自由研究にもぴったりの催しです。

【小学生向けセミナー「きみも妖怪博士になろう!」】
研究員さんによる、小学生向けギャラリートーク。
自由研究を、研究員さんたちがお手伝いしてくれます。
日時:8月5日(水)・12日(水)・19日(水)・26日(水) 11:00~12:00
会場:2階 メインギャラリー(「妖怪天国ニッポン」展会場)
参加無料(特別展料金は別途必要です)
定員:各回15名
※事前申込み制です。各回定員になり次第終了となります。
  申し込み方法など、詳しくは公式ホームページをご覧下さい。

【工作ワークショップ「首ふり妖怪をつくろう」】
目の錯覚を利用して、不思議な妖怪人形を作るワークショップです。
日時:期間中の土・日・祝日、8月13日(木)・14日(金) 11:00~17:00
参加無料 (ミュージアム入場料は別途必要です)
※事前申込は不要です。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗