1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 重要文化財指定記念 八瀬童子 -天皇と里人-

重要文化財指定記念 八瀬童子 -天皇と里人-

2012/12/15 ~ 2013/01/14


【京都文化博物館】

京都文化博物館


京都洛北比叡山のふもとにある「八瀬」。この幽境の地で千年以上もの間、独特の村落共同体をつくり、生活をしてきた人々が八瀬童子(やせどうじ)です。

童子とは寺院に属して雑役に従事する人々であり、八瀬童子は延暦寺と密接に結びつき、天台座主の輿を担ぐ駕輿丁(かよちょう)などの職を担っていました。

また八瀬童子は天皇・公家・将軍といった時の権力者とも深い繋がりを持っており、明治以降は政府から天皇大礼(たいれい/天皇の即位の儀)・大喪(たいそう/天皇の葬儀)の駕輿丁にも任ぜられていました。


2010年には、八瀬童子の特異な歩みを伝える資料「八瀬童子関係資料」総数741件が、国の重要文化財に指定されました。
その内容は、明治天皇の大喪の儀の際に輿を担ぐ八瀬童子たちの様子を写した写真や、織田信長からの朱印状、天皇からの綸旨など、古文書・絵図・装束・写真と実に多彩です。

展覧会ではそのうち約70点を展示公開し、庶民でありながら天皇の側に仕えた不思議な里人たち・八瀬童子と八瀬地域の特質を探ります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗