1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都高島屋 7階グランドホール
  5. 山本高樹 昭和幻風景 ジオラマ展

山本高樹 昭和幻風景 ジオラマ展

2013/02/28 ~ 2013/03/11


【京都高島屋 7階グランドホール】

京都高島屋 7階グランドホール

NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のオープニングタイトルバックを制作し、一躍注目を集めたジオラマ作家・山本高樹氏。失われた風景への憧れや思い出を思い起こさせる彼の作品には、有名人のファンも多く、幅広い世代から人気を集めています。

山本氏は、映画やテレビ、CMなどのセットや特撮美術を手がける映像美術の世界に携わってきましたが、1990年代の初頭から古い町並みや建築、文化に興味を持ち、各地を取材旅行しました。その後2001年より「昭和の町並み」とそこで繰り広げられる庶民の暮らしをジオラマの世界で作り続けてきました。

この展覧会では、京都を題材にした初公開の新作を含め、高度成長期の活気ある「上野」「有楽町」「銀座」「新宿」「浅草」といった東京の街や、下町の木造家屋・細い路地といった古い町並み、そして「梅ちゃん先生」のオープニングで映る昭和30年代の懐かしい町並みを再現したジオラマなど、約30点の作品を一堂に展示します。
また、ジオラマや人形の展示にあわせ、会場内には昔の映画館風のシアターを設置し、山本氏の工房での制作過程やジオラマにかけるこだわりをご紹介します。

単にモチーフを縮小しただけでなく空気感までもが凝縮され、高い評価を受ける山本高樹氏の作品。懐かしくて温かみのあるレトロな世界をお楽しみください。
CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートークとサイン会

会期中、山本高樹氏ご本人が展示作品について解説するギャラリートークが開催されます。
イベント後にはサイン会も行われます。
展覧会初日の2月28日(木)にはNHK「梅ちゃん先生」の映像作家・西尾巧氏もゲストに登場予定です。

日時:2013年2月28日(木)、3月1日(金)、2日(土)、9日(土)、10日(日)各日11:00~/14:00~
会場:展示会場内
※参加無料(展覧会の入場券が必要です)
※サインは、図録をお買い上げの方が対象となります(各回先着100名)

山本高樹氏 プロフィール

1964年千葉県生まれ。ジオラマ作家・造形作家。
昭和の町並みとそこに住まう人々をテーマにした作品を作り続けている。

映像専門学校卒業後、映画・テレビ・CMなど映像美術の仕事に携わる。その後2001年に勤め先の映像美術会社の模型部門閉鎖を機に独立し、独自の作品を発表している。
2011年にNHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のタイトルバックジオラマを制作し、注目を集めた。

現在、映像美術、展示模型、雑誌連載など各メディアで活躍中。
各界著名人にもファンが多く、北原照久氏(横浜ブリキのおもちゃ博物館館長)、町田忍氏(庶民文化研究家)、三遊亭圓歌氏(落語家)なども作品を所有している。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗