1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 虎屋 京都ギャラリー
  5. 第5回 虎屋 京都ギャラリー企画展 「日本画家・山岸泉琳の世界 - 春景-」

第5回 虎屋 京都ギャラリー企画展 「日本画家・山岸泉琳の世界 - 春景-」

2012/03/24 ~ 2012/04/30


【虎屋 京都ギャラリー】

虎屋 京都ギャラリー




「現代における風流」をテーマに、日本の伝統美と現代的な感覚が融合した日本画を制作する女流画家・山岸泉琳(やまぎし・せんりん)氏。
京都・高台寺に納められた襖絵
「枝垂れ桜」は、毎年春にだけ公開されています。

この春、高台寺方丈の公開期間にあわせ、虎屋 京都ギャラリーでも山岸氏による新作を含めた額・掛軸、扇面画などの作品を展示いたします。

琳派の世界を現代に描いた、華麗な作品をお楽しみください。

また、会期中には山岸氏がデザインした虎屋のコラボレーション干菓子「桜思ふ」の販売も行われます。(詳細はCHECK POINT1 をご覧下さい)



琳派を描く絵師達の仕事は、生活の中の風流を表現する事です。
先人達の仕事に感銘を受けた私は、常々、絵師の心を持って描いています。

今春は、高台寺の襖絵「枝垂れ桜」の公開と共に、ギャラリーの空間に満開の桜を咲かせる機会を頂戴しました。また、虎屋さんの御協力のもと、新たな御干菓子の制作に参加させて頂きました。
和菓子の制作には、古今和歌集、万葉集の歌から形を起こした歴史があります。それに習い、和三盆糖製『桜思ふ』は、古今和歌集の春の歌からイメージした原画を制作し、デザインを起こしました。目で観て、また食して頂くことで、心に和のエッセンスを感じていただきたいと思います。
琳派の真髄は、和を遊ぶ心の中にあります。日本画の色彩だけでなく、食の文化とのコラボレーションを楽しんで頂き、春を遊び、桜に思いを馳せる。日本人の風雅で粋な過ごし方の提案です。
2011年は、悲しいニュースの多かった年でした。そのような時期であるからこそ、日本の四季を感じ、伝統の色彩を目にして和を楽しんで頂きたい。一時、そのお手伝いが出来れば幸いです。
春は、桜と共に華やかにやって来ます。桜の色が、皆様の心を温かく包んで下さることを願い、画に思いを込めました。 (山岸泉琳)

CHECK POINT

山岸氏デザインの特製干菓子「桜思ふ」、期間限定販売!(関西初登場)

展覧会の開催にあわせ、山岸泉琳氏と虎屋のコラボレーションによる特製干菓子「桜思ふ」が期間限定販売されます。
山岸氏自らのデザインによる、上品でかわいらしい桜をあしらった干菓子です。
関西地区では初登場。ギャラリーに隣接した虎屋の店舗・喫茶スペース(虎屋菓寮)のほか、四条店、そして山岸氏の襖絵の特別公開を行っている高台寺でも販売されます。

商品名:特製干菓子「桜思ふ」(さくらおもう)
価格:1箱 1,365円(12個入り)
販売期間:2012年3月1日(木)~5月6日(日)予定
販売場所:虎屋 京都一条店・虎屋菓寮京都一条店(ギャラリー隣接)、京都四条店、高台寺

※商品の詳細につきましては、施設または店舗までお問い合わせ下さい。

■ 高台寺春の一般公開:3月1日(木)~5月6日(日) http://www.kodaiji.com/

山岸 泉琳 プロフィール

1962年、東京 銀座生まれ。多摩美術大学で日本画を専攻。
1998年、京都、高台寺本堂に襖絵「春景-枝垂れ桜」を納入。
各地の寺院で天井画や掛軸を手がけるとともに、食品のパッケージデザインやアートイベントにも参加。「現代の琳派」を目指し多彩な創作活動を行なっている。
2011年、虎屋とのコラボレーションにより、自らの作品である桜をモチーフにした干菓子「桜思ふ」をデザインした。
http://www.senrin.com

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗