1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 2013年NHK大河ドラマ 特別展 八重の桜

2013年NHK大河ドラマ 特別展 八重の桜

2013/07/13 ~ 2013/09/01


【京都文化博物館】

京都文化博物館

【画像】
(1)肖像写真「新島襄と八重」同志社大学同志社社史資料センター蔵
(2)八重が暮らした部屋(復元・新島旧邸)
(3)家訓 福島県立博物館蔵


平成25年(2013年)のNHK大河ドラマ「八重の桜」では、激動の幕末から明治の時代をたくましく生きた女性・新島八重の生涯を描きます。

八重は、会津藩の砲術師範であった山本権八・佐久の子として生まれました。七歳の頃には藩の教えである「日新館童子訓」を暗誦できたと伝えられます。八重の心には常に、会津武士の魂が宿っていました。
1868年の戊辰戦争時には鶴ヶ城に籠城し、自らも銃をとって男性と共に 戦い、その姿は後に「幕末のジャンヌ・ダルク」とも例えられています。

会津藩の敗戦後、八重は兄の山本覚馬を頼って京都に移り、半年後、京都最初の女学校「女紅場」の教師となります。その傍らで英語を学ぶなど、八重は新しい時代で生きていくための努力を惜しみませんでした。そして1875年、八重はアメリカ帰りで後に同志社の創立者となる新島襄と出会います。2人は翌年に結婚。批判や困難な状況にも負けず、常に気高く毅然と振舞う八重を、襄は「彼女は決して美人ではないが、生き方がハンサムなのです」と評しています。
襄が亡くなった後も、八重は日清・日露戦争が起こると篤志看護婦として果敢に行動するなど、故郷の魂を胸に自分の生き方を貫きました。

この展覧会では、NHK大河ドラマ「八重の桜」と連動して、八重や彼女に関わる人々が生きた幕末から明治時代の資料をはじめ、新島八重ゆかりの品々を紹介します。戊辰戦争の敗戦から立ち上がる人々の姿を通して、復興へのメッセージを伝えます。

展覧会のレポートはこちら!


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

【2】講演会A「近代京都における同志社開校とそれを取り巻く人々」


日時:2013年7月14日(日)10:30~12:00
講師:小枝弘和 氏(同志社大学 同志社社史資料センター 社史資料調査員)
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター(定員170名)
参加費:無料(ただし展覧会入場券〔半券可〕が必要)
※要申込(申込方法は下記)

【3】講演会B「新島八重の茶事記」


日時:2013年7月19日(金)10:30~12:00
講師:筒井紘一 氏(今日庵文庫長・茶道資料館副館長)
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター(定員170名)
参加費:無料(ただし展覧会入場券〔半券可〕が必要)
※要申込(申込方法は下記)

【4】講演会C「博覧会の時代―八重の生きた近代の京都―」


日時:2013年8月10日(土)10:30~12:00
講師:畑智子 氏(京都文化博物館学芸課長)
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター(定員170名)
参加費:無料(ただし展覧会入場券〔半券可〕が必要)
※要申込(申込方法は下記)

■申込方法
往復はがきに「住所」「氏名(返信面にも)」「電話番号」「希望のイベント名・番号」を明記の上、
京都文化博物館内「八重の桜展関連イベント」係までお送りください。
※受付は先着順となります。
※イベントごとに参加者1名につき、 1枚のはがきでお申込みください。

【関連イベント】【5】記念コンサート「八重の聴いた音楽-近代歌曲の調べ-」

日時:2013年8月17日(土)18:00~
出演:東朝子氏(声楽家)、宇田川泰子氏(声楽家)、藤井いづみ氏(ピアニスト)
会場:京都文化博物館 別館ホール(定員200人)
参加費:1,000円(展覧会入場券[半券可]が併せて必要です)
※要申込

■申込方法
往復はがきに「住所」「氏名(返信面にも)」「電話番号」「八重の聴いた音楽(イベント名)・(5)(イベント番号)」を明記の上、
京都文化博物館内「八重の桜展関連イベント」係までお送りください。
※受付は先着順となります。
※イベントごとに参加者1名につき、 1枚のはがきでお申込みください。

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2013年7月13日(土/オープン記念)17:00~
19日(金)、8月2日(金)・16日(金)・30日(金)18:00~
会場:会場:展示室内
参加費:無料
※事前申込は不要です。ただし、当日の入場者の方に限ります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗