1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 超絶技巧の明治の牙彫・木彫

超絶技巧の明治の牙彫・木彫

2009/08/28 ~ 2009/11/23


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館

本物そっくりの栗、剥きかけのみかん、ヘタのついた柿…などなど。明治時代に作られた牙彫(象牙の彫刻)や木彫作品は、実にリアルで細緻。見るものを驚かせると同時に、よくもここまで、と感心させずにはいられないものばかりです。
人を驚かせること。それは、明治の職人たちにとっての大きな生きがいでした。

根付などの細密彫刻は、江戸時代中期頃から作られるようになり、後期に入るとますます細密さが増していき、煙管(キセル)の筒や印籠などにも見られるようになっていきます。
そして明治に入り長い鎖国が解かれると、流入してきた欧米文化の影響を受け、仏師であった高村光雲(1852-1934)や、煙管筒の彫師であった石川光明(1852-1913)といった作家たちによって、リアルで活き活きとした動物や気品溢れる人物像など、優れた作品が数多く作られるようになりました。


今回の展覧会では、そんな高村光雲や石川光明といった有名作家の作品のほか、彼らと同時代に活躍していた根付師・森田藻己(1879-1943)とその一派や旭玉山(1843-1923)らの手による、様々な作品を展示。
人間業とは一見思えないほどの技巧が駆使された明治の牙彫・木彫作品の世界を紹介します。


CHECK POINT

館長による展示解説イベント

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
特別展である本展はもちろん、常設展も一緒に、実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:9月26日(土)13:00~(60分予定)
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗