1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都府立堂本印象美術館
  5. 特別企画展「女性が描いた昭和のエレガンス」

特別企画展「女性が描いた昭和のエレガンス」

2013/10/10 ~ 2013/11/24


【京都府立堂本印象美術館】

京都府立堂本印象美術館

近代から現代にかけて、京都では数多くの女性画家が輩出されました。
特に大正から昭和期には、女性や子どもをモチーフにその時々の時世を鮮やかに反映させた作品を世に送り出した女性画家たちの活躍が見られます。

今回の展覧会では、京都ゆかりの女性画家として、梶原緋佐子、広田多津、三谷十糸子、そして北沢映月を取り上げます。

菊池契月に指示した梶原緋佐子は、同年代の女性をリアルに描いた作品で知られ、後に独自の美人画を大成しました。また、西山翠嶂に学んだ広田多津は、舞妓や裸婦をテーマに女性美の本質を追求しました。同じく西山翠嶂門下に入り京都で画道を切り開いた三谷十糸子は私的な人物表現を展開します。そして上村松園と土田麦僊に学んだ北沢映月は、装飾性と写実的な描写を調和した画風を築き上げました。これら4人の画家による、女性ならではの繊細で叙情溢れる世界をご紹介します。
 

同時開催企画展 印象作品ができるまで-「春」「婦女」「或る家族」―

同時開催企画展では、堂本印象の代表作である「春」「婦女」「或る家族」を、素描・下絵とともにご紹介します。
細部を観察して形を活き活きと捉える素描。画面構成やモチーフを整えて作品の構想を決定していく下絵などには、制作の裏にある画家の試行錯誤があらわれています。
印象が作品を生み出していくその過程を、じっくりとお楽しみください。


CHECK POINT

講演会/ギャラリーツアー

講演会



会場:堂本印象美術館 1階ロビー
※参加無料(ただし、入館券が必要です)

昭和を生きた女性画家


日時:2013年10月27日(日)14:00~15:30
講師:吉中充代(京都市美術館学芸課長補佐)

華やぎの昭和ファッション


日時:2013年11月10日(日)14:00~15:30
講師:青木美保子(京都女子大学家政学部生活造形学科准教授)

ギャラリーツアー


日時:2013年10月19日(土)、11月2日(土) 各日14:00~
会場:堂本印象美術館1階ロビー集合
ナビゲーター:山田由希代(堂本印象美術館主任学芸員)
※参加無料(ただし、入館券が必要です)

関西文化の日・美術館無料公開

11月16日(土)・17日(日)は、「関西文化の日」のため無料公開となります。

※当日は文化庁委嘱事業 伝統文化金閣いけばな子供教室による「いけばな発表会」も同時開催となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗