ホイッスラー展

2014/09/13 ~ 2014/11/16


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
チラシ画像:《白のシンフォニー No.3》1865-67年 バーバー美術館(バーミンガム大学附属) The Barber Institute of Fine Arts. University of Birmingham
(1)《白のシンフォニー No.2:小さなホワイト・ガール》1864年 テート美術館 ©Tate, London 2014
(2)《ノクターン:青と金色―オールドバターシー・ブリッジ》 1872-75年 テート美術館 ©Tate, London 2014
(3)《灰色のアレンジメント:自画像》1872年 デトロイト美術館 ©Detroit Institute of Arts, USA/Gift of Henry Glover Stevens/The Birdgeman Art Library
(4)《紫とバラ色:6つのマークのランゲ・ライゼン》1864年 フィラデルフィア美術館 ©Phladelphia Museum of Art
(5)《チェルシーの通り》1888年ごろ イェール英国芸術センター Yale Center for British Art, Paul Mellon Collection


ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(1834-1903)は、19世紀後半の西洋画壇において最も影響力のあった画家のひとりです。
アメリカのボストン近郊に生まれた彼は、21歳のときに画家を目指してパリに渡り、その後ロンドンとパリを主な拠点に活躍し、クロード・モネなど印象派の画家たちとも深い親交を持っていました。

ホイッスラーは、「絵画は教訓を伝えるためにあるものではない」と当時の画壇の主流であった歴史の場面や道徳的な教訓を反映した物語性のある絵画を否定し、絵画における純粋な視覚的喜びを追求する「唯美主義」を主導しました。
彼は自分の画風において、色彩の調和や形のバランス、構図や画面空間に関して主眼を置いていました。その画風を生み出す上で大きなインスピレーションを得たのが、日本の美術・工芸品でした。早くから日本や東洋の美術に関心を抱いていたホイッスラーは、絵のモチーフや東洋の陶磁器や着物、構図に浮世絵の表現を取りいれています。その姿勢から、ホイッスラーはジャポニスムの先駆者としても世界的に知られています。

世界でも20年ぶり、日本では27年ぶりの大回顧展となる今回は、アメリカやイギリス、フランスからホイッスラーの約130点の作品が集結。《白のシンフォニー No.2:小さなホワイト・ガール》や《ノクターン:青と金色―オールド・バターシー・ブリッジ》など油彩の代表作から、版画家としても卓越した技術をもっていたホイッスラーのエッチング(銅版画)などを展示します。また、ホイッスラーが生前収集していた東洋の陶磁器や影響を受けた浮世絵など参考作品・資料もあわせて展示し、ジャポニスムの画家としてのインスピレーションの源泉を紹介します。

伝統にとらわれない新たな芸術誕生の牽引者となり、19世紀後半の欧米画壇に広く影響を与えた巨匠・ホイッスラーの全貌を、この機会にご覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会
「ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(1834-1903) ――芸術のコスモポリタン」

講師:パトリシア・ド・モントフォールト氏(グラスゴー大学文化芸術学部 美術史講師)
日時:9月13日(土)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:100名
※聴講無料、逐次通訳あり
※事前予約は不要です。当日11:00から、1階インフォメーションにて整理券を配布します。
※当初、マーガレット・F・マクドナルド氏による講演が予定されていましたが諸般の事情により講師・内容が変更となりました。

【関連イベント】第4回畠山公開シンポジウム
「ジャポニスムの全貌~ホイッスラーから何が始まったのか?」

京都国立近代美術館の「ホイッスラー展」と京都市美術館の「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」が同時期に開催されることに合わせて行われるシンポジウム。
異国趣味、モチーフ、画中画、空間表現、画面構成、色彩や筆触、装飾性、署名や額縁など、ホイッスラーの作品にはジャポニスムと関連するあらゆる要素を見ることができます。このシンポジウムでは、ジャポニスムの最初期に位置するホイッスラーとその作品を再検討したうえで、ジャポニスムの発展全体を俯瞰的にとらえなおします。

日時:10月4日(土)午前10時~午後5時
会場:京都国立近代美術館1F講堂
主催:ジャポニスム学会
共催:公益財団法人畠山文化財団・京都国立近代美術館・京都市美術館
定員:100名(要申込)
※聴講無料
※事前申込が必要なイベントです。申込方法については下記をご参照ください。

【申込方法】
メールまたは往復はがきにて、住所・氏名・電話番号を明記の上、
「京都国立近代美術館シンポジウム係」まで、下記あて先にてお申し込みください。
受付後、参加証をお送りいたします。
メール:info@ma7.momak.go.jp
往復はがき:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町 京都国立近代美術館シンポジウム係
※申込受付期間:9月10日~9月30日(先着100名)

【関連イベント】映画上映会
NFC所蔵作品選集 MoMAK Films2014「イギリス映画と演劇」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回はホイッスラー展に関連して、彼が活動の拠点を置いていたイギリスの演劇を映画化した作品を特集。
英国のダンディズムをキーワードに、その代表格といえるイギリス人俳優レスリー・ハワード、ダーク・ボガード、ローレンス・オリビエの主演作を上映します。

日時:10月25日(土)14:00~『ピグマリオン』(1938年/86分)
   10月26日(日)14:00~『オセロ』(1965年/165分)
料金:1プログラム500円(当日券のみ)
定員:100名(先着順受付)
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:冨田美香(立命館大学映像学部教授)、川村健一郎(立命館大学映像学部准教授)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗