1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 原画'(ダッシュ)展示シリーズ わたなべまさこと花郁悠紀子 幻想の旅

原画'(ダッシュ)展示シリーズ わたなべまさこと花郁悠紀子 幻想の旅

2011/02/27 ~ 2011/05/15


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム


少女マンガ黎明期から活躍し、デビューから50年以上たった今もなお描き続けている作家・わたなべまさこ。
サスペンスにホラー、一筋縄ではいかない登場人物、先の読めない展開...数奇な運命に翻弄される少女達のドラマを、読者の憧れを誘う華やかな画風で描き、人気を博しています。現在では中国の長編小説の名作「金瓶梅」をコミック化し、大人の幻想の世界を描いています。

一方の花郁悠紀子は、逆にたった5年で短い作家人生を終えた、夭折の作家です。
しかし、その短い作家生活の中でも、ファンタジーから人間ドラマまで幅広い作風の作品を描き、今も読者の心に強く残り続けています。特に緻密かつ抜群の色彩センスは、死後30年経った今も全く色あせません。



展覧会ではそんな対照的な二人の作品から約60点を、原画作品にきわめて近い特殊な複製画「原画'(ダッシュ)」にて紹介します。
雑誌に掲載された状態ではわからない、細やかな描線や絶妙な色使いをご覧下さい。

また、同時にこの「原画'プロジェクト」の監修者である竹宮惠子先生の作品からも『JUNE』掲載作品の原画'を数点公開予定です。


CHECK POINT

「原画’(ダッシュ)」とは?― 原画をまさに「そのまま」再現。

「原画ダッシュ」とは、マンガ「風と木の詩」「地球へ…」などの作者・京都精華大学マンガ学部教授の竹宮惠子先生がプロジェクトリーダーとなって研究を進め、退色しやすいデリケートなマンガ原稿の保存と公開を両立させるために開発した、精巧な複製原画です。
コンピュータにマンガ原稿を取り込み、綿密に色調整を重ねた上で印刷されており、描線の濃淡や色彩の階調など、微妙な細部の表現まで再現し、原画と並べても見分けがつかない程の精度を持っています。
傷や汚れの一つ一つにも、時代背景や作家の技などが読み取ることが可能な貴重な足跡と考え、まさにその時点の原画の状態をそのままアーカイブしています。
オリジナル原画の破損などを心配することなく、且つオリジナルの持つ雰囲気などはそのままにじっくりと作品を楽しめます。

【関連イベント】波津彬子×竹宮惠子 スペシャル座談会

花郁悠紀子先生の妹で、自身もマンガ家として活躍している波津彬子先生を招いたスペシャル座談会。
「原画’(ダッシュ)」プロジェクトリーダーの竹宮惠子先生とともに、作品についてや当時の思い出話、少女マンガ界の裏話まで、ざっくばらんに語ります。

日時:2011年5月1日(日) 14:00~15:30
会場:京都国際マンガミュージアム1階 多目的映像ホール
料金:無料(ミュージアムへの入場料は別途必要です)
定員:250名
※当日10:00より整理券が配布されます。先着順での受付です。

【関連イベント】竹宮惠子先生の個展「風」が京都で開催!

展覧会と同時期に、竹宮惠子先生の個展が京都市内のギャラリーで開催されます。こちらも合わせてご覧下さい。

日時:2011年4月23日(土)~30日(土)12:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場:ギャリエ・ヤマシタ
(京都市中京区寺町通三条上ル 天性寺前町537)

■ サイン会&トークショーも開催予定!


サイン会:4月23日(土)16:00~17:00
トークショー:4月30日(土)16:00~17:00

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗