1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派奇跡のコレクション

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派奇跡のコレクション

2011/09/13 ~ 2011/11/27


【京都市美術館】

京都市美術館


アメリカの首都、ワシントンD.C.にあるワシントン・ナショナル・ギャラリー。世界中から年間500万人にも及び美術ファンが訪れるこの美術館は、1937年、「国家のための美術館の建設」を願った実業家・銀行家のアンドリュー・メロンの美術品受贈をもとに設立され、1941年に開館しました。
この美術館の所蔵品とその購入のための資金は、現在にいたるまですべて一般市民からの寄贈で成り立っています。この稀有な経緯でつくり上げられたコレクションこそ、アメリカ市民がつくった「奇跡のコレクション」といえるでしょう。現在も作品の寄贈は続いており、所蔵品は約12万点に及んでいます。

この度ワシントン・ナショナル・ギャラリーが開館70年を迎えることを機に大規模回収が行われ、それに伴い普段美術館を出ることのない印象派とポスト印象派の名品83点の展示が実現しました。そのうち半数以上の約50点は日本初公開の作品です。



クールベやコロー、マネからはじまり、モネ、ルノワール、ドガ、ピサロ、セザンヌ、そしてゴッホまで...美術館の心臓部ともいえるこれらの作品がこれほどの点数でまとまって館を離れて展示されることは、極めて稀なこと。また、ギャラリー内ですら滅多に展示されない素描や水彩、版画など紙媒体の作品も出展されます。
館長をもってして「ワシントン・ナショナル・ギャラリーの歴史上かつてない、そしてこれからもないだろう」と言わしめる、空前の質と規模の展覧会となっています。

一人の実業家のロマンから生まれ、現代にその精神を受け継ぐ美の殿堂。そしてその美術館が誇る印象派・ポスト印象派のオールスター展ともいえる珠玉のコレクションを、ぜひお楽しみください。

CHECK POINT

【関連イベント】講演会/鑑賞ガイド/見どころ講座

講演会「幸福の場所-印象空間と近代社会-」


日時:2011年10月1日(土)14:00~15:00
講師:六人部昭典 氏(実践女子大学教授)
定員:100名(聴講無料)

作品鑑賞ガイド「見て・聞いて なるほど!印象派」


日時:2011年10月22日(土) 13:30~16:00
講師:石谷治寛 氏(美術史家)
定員:30名(聴講無料)

展覧会解説講座「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展の見どころ」


日時:2011年9月24日(土)、11月5日(土) 各日14:00~15:00
講師:後藤結美子(京都市美術館学芸員)
定員:100名(聴講無料)

会場:(いずれも)京都市美術館 講演室
※事前申し込み不要(ただし、当日の展覧会入場券(半券可)が必要です)
※各イベント開始1時間前より正面玄関前にて整理券を配布します。
※題目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【関連イベント】ワークショップ

印象派の絵画は、何を描くのか、どのように描くのかの両方の点で、絵画の歩みに大きな転換をもたらしました。そのような印象派にならって、「描くこと」を見つめなおすワークショップを開催いたします。

小沢さかえ「あたらしい星座」


夜空を見上げ、星を眺める。空にきらめく無数の星たちのいくつかが頭の中でふいに結ばれて、おぼろげなイメージを形作る。小学校の授業を思い出し、あれは確か白鳥座と言うのだった、と思い出す。
でも、星たちは違った風に結びつくかもしれない。白鳥でもサソリでもなく、もっと違った何かとして。だから画用紙を取り出し、星空を描いてみる。手元にある星空には、どんなあたらしい星座が見えてくるだろう。

日時:2011年10月2日(日) 14:00~16:00
ナビゲーター:小沢さかえ(画家)
会場:京都市美術館 講演室
料金:500円
定員:20名(高校生以上対象・要申し込み)
※申し込み締切:2011年9月21日(水)必着(応募多数の場合は抽選となります)
※当日は汚れてもよい格好でご参加ください。
(協力:MORI YU GALLERY)

瓜生祐子ワークショップ「おかしな風景を描こう!」


しろいのは雲、あまいのは虹。あなたは食べものの中に、風景を見たことがありますか?このワークショップでは、食べものをモチーフに絵を描いてきた瓜生祐子をナビゲーターにむかえ、実際にケーキやお菓子などを食べながら、風景を描いてみます。
近づいたり離れたり、上から見たり逆さから見たり。食べものを口に運ぶ前にじっくりと眺めてみると、何が見えてくるでしょうか。小さなものの中にある大きな風景を見つけてみましょう。

日時:2011年10月9日(日) 14:00~16:00
ナビゲーター:瓜生祐子(画家)
会場:京都市美術館 講演室
料金:500円
定員:20名(高校生以上対象・要申し込み)
※申し込み締切:2011年9月28日(水)必着(応募多数の場合は抽選となります)
※当日は汚れてもよい格好でご参加ください。
※ワークショップでは、ケーキなどを食べる予定です。アレルギーのある方は事前にお知らせください。

申し込み方法


往復はがきに「住所」「氏名」「年齢」「電話番号」を記入の上、下記のあて先までお送りください。(返信面にも、返信用の住所・氏名をご記入ください)
※申し込みの締切日はイベントによって異なります。予めご確認ください。

宛先:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124 京都市美術館 「(参加希望のイベント名)係」

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展のポイント

「美術館展」の開催が極めて困難なワシントン・ナショナル・ギャラリー


ワシントン・ナショナル・ギャラリーでは、作品寄贈者の意向などにより所蔵作品の多くは貸し出しが厳しく制限されています。
特に「常設コレクション作品」と呼ばれる作品群(2,334点)は美術館の「顔」ともいえる傑作の多くがそれに指定されており、「ある決まった点数以上、一度に館を離れてはならない」という不文律があります。
今回の展覧会ではそのうち9点が出展されますが、これは一つの展覧会に出される点数としてはワシントン・ナショナル・ギャラリー史上最多の数となります。

印象派・ポスト印象派ファン必見!日本初公開作品が約50点!


ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵作品12万点の中でも、特に質の高さと人気を誇るのが、うち約400点の印象派とポスト印象派の作品群です。
今回はその中から日本初公開作品約50点を含む、全83点が展示されます。
展示は、クールベやコローらバルビゾン派・写実主義の作品を導入部とし、印象派の先駆けとなったマネを経て、モネ・ルノワール・ドガなど印象派に至り、そしてセザンヌやゴッホ、ゴーギャンなどそれぞれの表現を模索し印象派のその先を目指したポスト印象派の画家たちへと続きます。
マネの『鉄道』は17年ぶりの来日。また、本展のポスターにもなっているゴッホの『自画像』は日本初公開作品です。その他、ルノワールの『モネ夫人とその息子』、セザンヌの初期の名作『「レヴェヌマン」紙を読む画家の父』やスーラの『オンフルールの灯台』なども日本初公開。
ぜひ、貴重な作品たちとの出会いをお楽しみください。

ワシントンでもなかなか見られない作品も!


印象派やポスト印象派の画家たちは、素描や水彩、パステル、様々な版画など、キャンバスではなく紙に描く作品にも積極的に取り組みました。特に今回は版画作品が多く出展されています。
彼らが活躍した時代は、写真が広く普及した時代でもあり、それまで複製メディアとしての役割を担ってきた版画は、芸術家の独自表現や芸術性を追及する「アート」としての方向を強めていきました。また、油彩画の影に隠れがちな素描や水彩なども、芸術家の個性と表現がより自由に探求されています。
このような紙に描かれた作品は、作品保護のためにめったにワシントン・ナショナル・ギャラリー内でも展示されません。また、これらの作品は「1作品あたり計15回までしか館外に貸し出ししてはならない」という規定もあります。今回の出展はその貴重な1回分にあたります。
貴重な出会いを、ぜひお見逃しなく!

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗