1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市学校歴史博物館
  5. 戦争と学校-戦後70年をむかえて-

戦争と学校-戦後70年をむかえて-

2015/07/04 ~ 2015/10/06


【京都市学校歴史博物館】

京都市学校歴史博物館

戦時下の学校生活とは、そして、戦争は学校に何を残したのか。

2015年は、第二次世界大戦の終戦から70年の節目をむかえます。

戦争が始まった後、日本の学校はしだいに戦時色が強まっていき、昭和19年からは本格的な学徒勤労動員、昭和20年には学童集団疎開も始まり、そして同年に終戦を迎えます。

ただし「終戦」というのは、あくまで“戦いが終わった”ということ。
食糧不足、戦中戦後の学校再編、学童疎開・学徒勤労動員の経験、親の戦死など、戦争の影響や記憶は「戦後」も残り続けました。

今回の展覧会では、京都市の学校に遺されていたさまざまな品や、新たに市民から寄贈されたものなど、写真・史料約140点を出品。市内の小学校・中等教育の学校(今の中学・高校)を対象に、戦時下の学校生活がいかなるものであったのか、そして戦争が「戦後」の学校にどのような影響を与えたのかを振り返ります。


CHECK POINT

【講演会】戦争は学校に何を残したのか-戦後70年をむかえて-

昭和20年(1945)の終戦後、学校での教育内容や児童生徒の活動には大きな変化がありました。また、制度の面においても特に中等教育のあり方が大幅に変わりました。
今回の講演では、それらの変化を講師がわかりやすくお話します。

日時:2015年8月8日(土)・15日(土)14:00~15:30
※内容は両日とも同じです

講師:和崎光太郎(京都市学校歴史博物館学芸員)
定員:60名(要申込/先着順受付)
料金:無料(当日の展覧会観覧券が必要です)

《申込方法》
「イベント名」「代表者氏名」「連絡先電話番号」「参加人数」、及び申込方法にあわせて住所・FAX番号・メールアドレスを明記の上、
お電話、FAX、はがき、またはメールにて京都市学校歴史博物館までお申込ください。
※受信・拝受確認のご連絡は行っておりませんのでご了承ください
※定員に達し次第締め切りとなります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗