1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 第3回 わん・碗・ONE展

第3回 わん・碗・ONE展

2014/11/01 ~ 2014/11/11


清水寺へ続く坂道のひとつ「茶わん坂(清水新道)」と五条坂の周辺は、昔からやきものが盛んに作られてきたエリアです。現在も、数多くの陶芸作家や職人の工房、陶器店が軒を連ね、京焼・清水焼を作り続けています。

「わん・碗・ONE」展は、そんな五条坂・茶わん坂エリアを中心に11日間の日程で行われるイベントです。期間中には、ギャラリーや陶器店、百貨店、寺院など、京都市内各所の会場で、ベテランから若手、国内から海外まで、幅広い年齢層の陶芸作家の作品をさまざまなテーマ・コンセプトの展覧会で紹介。(展示品を購入できるイベントもあります)

また、作家によるトークイベントや講演会、やきものを制作する登り窯の見学ツアーや、実際に作品を使ってお茶やお菓子が楽しめる企画なども多数予定されています。

3回目を迎えさらにスケールアップした「わん・碗・ONE」展を通し、京都のやきものの世界の幅広さと奥深さを感じてください。

■ 五条坂・茶わん坂ネットワーク Facebookページ:https://www.facebook.com/gojo.chawanzaka

わん・碗・ONE展 オープンギャラリー&インフォメーションセンター

会期中、茶わん坂途中にオープンギャラリー・インフォメーションセンターが設置されます。ここではイベントに参加している窯元や作家、店舗、施設の案内のほか、イベントのパンフレットや関連チラシなどの配布も行われます。こちらを会場にした展覧会も開催。お気軽にお立ち寄りください。
→ 【MAP
 


CHECK POINT

【町歩き企画】スタンプラリー実施!

会期中、イベント参加会場のうち10箇所にスタンプを設置。
うち6つを集めると、毎日先着10名に地域在住作家さんによる「鍾馗(しょうき)さん」の陶板をプレゼント!
作家さんによりデザインも技法も異なる陶板は、ひとつとして全く同じものはなく、それぞれの個性が楽しめます。

※「鍾馗さん」とは、中国から伝わった神様で、屋根の上に鍾馗さんの人形を置いて家の厄除けをする風習があります。京都でも町家の屋根にしばしば置かれており、東山区六原周辺が比較的多く目にすることができます。

【スタンプ設置箇所】
壺屋いかい、楽只苑、陶 点晴かわさき、河井寛次郎記念館、京焼ひらの、京都陶磁器会館、わん碗ONEオープンギャラリー、東五六、東哉、近藤悠三記念館

※一部入館料が必要な会場がございます。
※会場によっては定休日の場合がございます。あらかじめご了承ください。
※会場の場所・詳細についてはイベントの公式ページ、及びパンフレットをご確認ください。
※スタンプラリー用紙は、パンフレットの裏表紙に付属しています。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗