1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 池田理代子 ベルサイユのばら原画展

池田理代子 ベルサイユのばら原画展

2011/03/19 ~ 2011/05/08


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム







フランス革命の動乱を舞台に、男装の麗人オスカルやフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描いたマンガ「ベルばら」こと「ベルサイユのばら」。

過酷な運命に翻弄されながらも自分の意思や愛を貫いていく姿には、多くの読者が熱狂し、宝塚歌劇団の舞台化も火付け役となって、一大ブームを巻き起こしました。
現在も舞台は宝塚で上演され続けており、多くのファンに愛される作品となっています。

このたび、京都国際マンガミュージアムでは、そんな本作の名場面を選りすぐり、マンガ原画およそ300点を、2回の会期に分けて展示いたします。
繊細なペンタッチ、鮮やかな色合いなど、原画ならではの臨場感をご堪能いただけます。

「ベルばら」の華麗な世界を、春の京都で存分にお楽しみ下さい。

また、3月27日(日)には,作者・池田理代子先生ご本人が来場!「ベルサイユのばら」についてお話いただくトークショーも予定されています。



展示構成


原画展示は前期・後期の二期制。
会期毎にテーマを定め、作品を入れ替えてご紹介します。

【前期:「薔薇の運命(さだめ)」およそ150点】


オスカル、マリー・アントワネット、フェルゼン、アンドレなど登場人物たちの出会いを中心に、ストーリーの前半部分の名場面を展示。生涯、たった一度だけドレスを着たオスカルのダンスシーンなど、思わずため息が漏れたあの名場面が、盛りだくさんに展示されます。

【後期:「革命の嵐の中で」およそ150点】


フランス革命に翻弄されていく登場人物たちを中心に、ストーリーの後半部分の名場面を展示。戦闘の前日、一晩だけ結ばれたアンドレとオスカル、マリー・アントワネットとフェルゼンの最後の逢瀬など、涙なしでは見られなかったあの名場面が登場。

その他、作品の掲載雑誌をはじめとした貴重な資料やグッズなども展示されます。
CHECK POINT

関連イベント:池田理代子トークショー「ベルサイユのばらを語る」

特別展「池田理代子 ベルサイユのばら原画展」を記念し、作者である 池田理代子先生をお迎えして、「ベルサイユのばら」についてお話をしていただきます。

日時:2011年3月27日(日) 16:00~17:30
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金:無料(「池田理代子 ベルサイユのばら原画展」当日入場者に限ります)
定員:250名
※事前予約は不要です。
※当日10:00より会場前にて整理券を配布します。(入場時には特別展入場券をお見せ下さい)

関連イベント:ワークショップ「ベルばらキャラ 愛のきせかえ」

オスカル、マリー・アントワネットに、オリジナル衣装を着せよう!
参加者が色をつけて作る、昔なつかしい、紙のきせかえ人形のワークショップです。
きらびやかな「ベルばら」の世界を体験いただけます。
できあがったものは、特設ジオラマにて記念撮影も可能!

日時:会期中(3月19日~5月8日)の土・日曜、祝日 11:00~17:00(受付は16:30まで)
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 吹抜け
料金:無料(ミュージアムへの入場料は別途必要です)
※各日先着50名。事前の申し込みは不要です。当日会場前にて参加受付いたします。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗