1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 「フェルメールからのラブレター展」コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

「フェルメールからのラブレター展」コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

2011/06/25 ~ 2011/10/16


【京都市美術館】

京都市美術館


この展覧会は、17世紀のオランダにおけるコミュニケーションのあり方に注目し、オランダを代表する画家の一人であるヨハネス・フェルメールによる3点の作品と共に、ピーテル・デ・ホーホ、ヘラルト・テル・ボルヒ、ハブリエル・メツーといった当時のオランダ絵画の巨匠たちによる名品で構成したテーマ展覧会です。

メールも電話もなかった当時、例えば家族、恋人、また仕事上の知人といった人と人との間では、顔を見合わせた直接的なコミュニケーション、もしくは手紙や伝言のような間接的なコミュニケーションがごく当たり前のものとして存在していました。
そして画家たちは、こうしたコミュニケーションによって引き起こされたあらゆる感情を、自らの作品に描きました。人々が会話の際に見せる一瞬の表情やしぐさにとどまらず、離れた恋人からの手紙を読んでいる時の素の反応に至るまで、実に幅広い人々の感情を表現しようとしたのです。




また、画家たちは自らの作品の中にしばしば「物語」をひそませました。そして作品の中に様々な小道具、例えば壁にかかった地図や絵画、楽器や日用品などを、絵の物語を解き明かす「鍵」として描き残しています。このような寓意的な表現は当時のオランダ文化において、演劇や誌の世界にも見られます。
そしてその「鍵」を通し、絵画は見る者に語りかけ、「コミュニケーション」をとる力を持ち、その謎解きに私たちを引き込んでいきます。

この展覧会では、、宗教上の意味、セクシャルなメッセージ、家族の絆物語、それらを表現する、身振り、目つき、顔の表情などを4つの章に分け、17世紀オランダ美術におけるコミュニケーションのあり方を展観します。

フェルメールの作品、特に初来日となる『手紙を読む青衣の女』をはじめ、オランダ絵画の名品の数々と共に、「コミュニケーション」の様々な形をお楽しみください。

※イベント情報など、随時追加更新予定です。要チェック!

京都展限定、お得な前売券「トリプルチケット」も発売中!
展覧会の予習に。【特集】「フェルメールからのラブレター展」
内覧会の様子をレポート!【レポート】「フェルメールからのラブレター展」に行ってきました!

CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

展覧会を記念し、記念講演会が開催されます。より展覧会を深く楽しめるお話が満載です!

「オランダ室内画ー主人公は女性だがー」


日時:2011年7月3日(日) 14:00~15:30
講師:尾崎 眞人 氏(京都市美術館学芸課長)
会場:京都市美術館 講演室
※聴講無料(当日の展覧会の入場券(半券可)で参加できます)
※先着80名
※当日13:00から京都市美術館の正面玄関前で整理券を配布します。定員に達し次第、配布を終了いたします。

「フェルメールとオランダ絵画の黄金時代」


日時:2011年7月23日(土) 14:00~15:30
講師:千足伸行(成城大学名誉教授 ・海の見える杜美術館 統括顧問)
会場:京都市美術館 講演室
※聴講無料(当日の展覧会の入場券(半券可)で参加できます)
※先着80名
※当日13:00から京都市美術館の正面玄関前で整理券を配布します。定員に達し次第、配布を終了いたします。

「フェルメールの女三態ーフェルメールの絵に椅子いくつー」


日時:2011年8月28日(日) 14:00~15:30
講師:尾崎 眞人 氏(京都市美術館学芸課長)
会場:京都市美術館 講演室
※聴講無料(当日の展覧会の入場券(半券可)で参加できます)
※先着80名
※当日13:00から京都市美術館の正面玄関前で整理券を配布します。定員に達し次第、配布を終了いたします。

「オランダの地図学」

NEW!
日時:2011年9月4日(日) 14:00~15:30
講師:三好唯義 氏(神戸市立博物館学芸員)
会場:京都市美術館 講演室
※聴講無料(当日の展覧会の入場券(半券可)で参加できます)
※先着80名
※当日13:00から京都市美術館の正面玄関前で整理券を配布します。定員に達し次第、配布を終了いたします。

【関連イベント】展覧会みどころ解説

展覧会のみどころ・作品鑑賞のポイントをわかりやすく解説してもらえます!

日時:2011年7月3日(日)、7月10日(日)、7月17日(日)、7月24日(日)、7月31日(日)、8月7日(日)、8月14日(日)、8月21日(日)、8月28日(日)、9月4日(日)、9月11日(日)←NEW! 11:00~12:00
講師:尾崎真人(京都市美術館学芸課長)
会場:京都市美術館 講演室
※聴講無料(当日の展覧会の入場券(半券可)で参加できます)
※先着80名
※当日10:00から京都市美術館の正面玄関前で整理券を配布します。定員に達し次第、配布を終了いたします。

【関連イベント】ワークショップ

「アレゴリー探検隊」


「アレゴリー」とは、「寓意」の意味。
オランダ室内画に描かれたモノ(ほうき、ワインなど)が象徴する隠された意味を知り、展示された作品を鑑賞しながら探検しよう、という内容のワークショップです。

日時:2011年8月6日(土) 、9月3日(土)←New!(追加開催) 11:00~13:00
会場:京都市美術館講演室
講師:尾崎真人(京都市美術館学芸課長)
ワークショップ参加費: 無料
※「フェルメールからのラブレター展」入場料が別途必要です。
 当日券を会場でお求めいただくか、前売り券をお持ちの方はご持参ください。

定員:30名
※応募者多数の場合は抽選となります。
※事前のお申し込みが必要です。
  募集締め切り:8月25日(木)必着

親子ワークショップ「フェルメール・ブルーで絵を描こう!」←NEW!


修復後世界初公開のフェルメール作「手紙を読む青衣の女」で、ひときわ美しくよみがえったフェルメール・ブルー。
これに関連し、青色の顔料を使ってフェルメール・ブルーの絵の具を作り絵を描こう、という内容の親子(小学生)ワークショップです。

日時:2011年8月19日(金)10:00~13:00
会場:京都市美術館講演室
講師:尾崎真人(京都市美術館学芸課長)
定員:小学生とその保護者の2名で1組として24組、計48名
※応募者多数の場合は抽選となります。

ワークショップ参加費: 親子1組につき800円(顔料・溶剤・ペーパーボードなど材料費実費)
※ワークショップ参加費とは別に「フェルメールからのラブレター展」入場料が別途必要です。
 当日券を会場でお求めいただくか、前売り券をお持ちの方はご持参ください。
※事前のお申し込みが必要です。
※応募者多数の場合は抽選となります。当選者の方には、事務局から封書でご案内が送られます。

※テレビ、ラジオ、新聞、HPなどで、ワークショップの模様をご紹介する場合があります。

申し込み方法

ハガキに、郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記し、
「(ご希望のワークショップ名)参加希望」と お書きの上、下記のあて先までお送りください。

〒606-8344京都市左京区岡崎円勝寺124 フェルメール展事務局  宛

関連番組も放送予定!

NHK日曜美術館「“手紙”が語る フェルメールの真実」


放送日:NHK(Eテレ) 2011年7月24日(日) 9:00~10:00/(再)7月31日(日) 20:00~21:00
ゲスト:志村ふくみ(染織家)
詳細はこちら!(公式ページへ)

ABC・テレビ朝日系列「世界の美都で発見!秘宝ミステリーツアー」


放送日:ABC・テレビ朝日系列 2011年8月9日(火)19:00~20:54(ABCは19:04~)
【再放送】(関西地区のみ・ABC系) 2011年9月18日(日) 15:30~17:25

出演:役所広司、鈴木砂羽、内山理名、市川由衣

世界にたった30数点しかないフェルメールの作品。タイトルだけを与えられた女優たちが、フェルメールとの出会いを求め、イギリス、オーストリア、ベルギーの三カ国へ赴きます。
また、役所広司さんは修復後世界初公開の「青衣の女」と出会うため、展覧会開催中の京都へ向かいます。
番組中にはフェルメール作品に秘められたエピソードや、絵画を守り伝える「番人」=美のプロフェッショナルたちの活躍も紹介。
絵画の裏にある様々な人間ドラマにスポットをあてた、より作品が楽しめる特集番組です。

【特別プレゼント】先着100名様にプレゼント!

8月9日(火)より、毎日先着100名限定で特製の展覧会ポストカードがプレゼントされます。
絵柄は展示中のフェルメール作品三点のうちのどれか。
何があたるかは行って見てのお楽しみです!

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗