1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. うるしの近代 ― 京都、「工芸」前夜から

うるしの近代 ― 京都、「工芸」前夜から

2014/07/19 ~ 2014/08/24


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
(1)浅井忠・案、杉林古香・作《鶏梅蒔絵文庫》明治39年、京都国立近代美術館
(2)神坂祐吉《月象之図 硯付手箱》大正期、京都国立近代美術館
(3)江馬長閑《草花色蒔絵大棗》大正~昭和初期、静嘉堂文庫美術館
(4)戸嶌光孚《松楓蒔絵文台硯箱》大正9年頃、公益財団法人山階鳥類研究所(学習院大学史料館保管)
(5)迎田秋悦《杉藤蒔絵重硯箱》大正9年


深い漆黒のつや、華やかな朱色、金や銀の輝き、虹色に光る貝…
うるしの木から採れる樹液を使って器の表面を塗り重ね、蒔絵などの装飾を施す漆芸には、ほかに無い独特の美しさがあります。
日常で用いる椀などの食器や、硯箱などの文房具、棚などの家具にいたるまで、漆は日本人の生活に関わるあらゆるものに用いられ、はるか昔から暮らしを豊かに彩ってきました。

この展覧会では、特にこれまでまとまった形で紹介されることが少なかった京都の動向にスポットをあてて、近代における日本の漆芸について紹介します。
明治時代、日本の近代化はさまざまな形で西洋の文明を取り入れることから始まりました。「美術」や「工芸」という言葉も、この頃に西洋美術の翻訳語として生まれたものです。そして、京都の漆芸界は、このような東京中心の新しい美術のあり方に大きな影響を受けつつも、一方では洗練された遊びの世界から日常の器にいたるまで、「工芸」という言葉が生まれる以前のものづくりの伝統を脈々と受け継いできたのです。

展覧会では、京塗を代表する塗師の木村表斎(きむら・ひょうさい)や、明治の蒔絵師として名高い富田幸七(とみた・こうしち)、近代工芸の革新に中心的な役割を果たした浅井忠(あさい・ちゅう)と神坂雪佳(かみさか・せっか)という2人の図案家、そして彼らの指導を受け、それぞれが京都を代表する漆芸家となった迎田秋悦(こうだ・しゅうえつ)、戸嶌光孚(とじま・こうふ)などの作品を、海外の美術館からの里帰り品も含め一堂に展示。
また、美術的な切り口だけでなく、産業としての側面にも注目します。幕末から明治、そして大正・昭和にいたるまでの京都の漆の近代化を考えることで、「工芸」への新たな視点を探ります。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会/ギャラリー・トーク

講演会「うるしの近代」


日時:2014年8月16日(土)14:00~15:30
講師:中尾 優衣(京都国立近代美術館研究員)
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
定員:100名
※聴講無料
※事前申込は不要です。当日11:00より整理券を配布します。

講演会「京都の近代工芸産業と神坂雪佳・浅井忠(仮題)」


日時:2014年8月23日(土)14:00~15:30
講師:佐藤敬二(京都精華大学教授)
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
定員:100名
※聴講無料
※事前申込は不要です。当日11:00より整理券を配布します。

ギャラリー・トーク


会期中、京都漆器青年会の有志が京都国立近代美術館の研究員とともに展示解説を行います。

日時:2014年7月26日(土)・27日(日)
      8月2日(土)・3日(日)・8日(金)・9日(土)・10日(日)・17日(日)・24日(日)
   各日11:00~11:40
講師:京都漆器青年会有志+京都国立近代美術館研究員
※京都漆器青年会の講師は日によって異なります。詳細は公式ページにてご確認ください。
会場:京都国立近代美術館 1階 インフォメーション(集合場所)
定員:20名(先着順)
※聴講無料(ただし、展覧会の観覧券が別途必要です)
※事前申し込みは不要です。当日10:00より整理券を配布します。

【関連イベント】京都漆器青年会ワークショップ

会場:京都国立近代美術館 1階講堂
※ワークショップで制作した作品は当日お持ち帰り可能です(漆が乾燥するまでには1週間程度かかります)
※材料にはかぶれにくい漆NOAを使用し、かぶれ対策も充分に行いますが、かぶれが心配な方はお申し込み時にご相談ください。
※日本語のほか、英語、スペイン語、フランス語に対応しています。
※ワークショップの参加費には展覧会の観覧料は含まれません。

【申込方法】
京都漆器青年会(担当・佐藤貴彦)まで、メール(info@urushi.co.jp)または電話(090-3827-0873)にて
参加希望のイベント名・お名前・参加希望人数など必要事項を添えてお申し込みください。

漆器・蒔絵体験


漆器の箸、または漆器の丸皿に様々な色漆を使って絵付けをします。
金銀粉や金箔を使った簡単な蒔絵も体験できます。

日時:2014年7月26日(土)、8月3日(日)各日13:00~16:00 ※随時受付・約30分~1時間程度
定員:各日60名(事前申込者優先)
参加費:3,000円

お箸に抜き漆


漆を木地に塗ってはふき取る作業を何度も繰り返して色の変化を表現する手法「抜き漆」。
この手法を使って、お好みの長さと色の、オリジナルの漆箸を制作します。

日時:2014年7月27日(日)、8月24日(日)各日13:00~16:00 ※随時受付・約30分~1時間程度
定員:各日60名(事前申込者優先)
参加費:2,000円

金継ぎ(事前申込制)


「金継ぎ」とは、陶磁器の割れや欠けを漆などで修復し、金粉で装飾する日本独自の技法です。
このイベントでは、欠けてしまった陶磁器を持ち寄り、金継ぎによって美しくよみがえらせます。
(時間の都合上、接着・欠け埋めには接着剤とパテを使用。漆と本銀粉で仕上げます)

日時:2014年8月10日(日)、17日(日)各日13:00~16:00
定員:各日20名(事前申込制)
参加費:6.000円
※当日は、修理する陶磁器(2cm以上の欠けがあるもの、複雑に割れたものは時間内に修理ができませんのでご遠慮ください)と持ち帰り用の箱をご用意ください。

【関連イベント】京都・和菓子の会「うるしへのオマージュ ― 京菓子が彩る漆の世界」

元編集者で、坂本龍馬ともゆかりの深い材木店「酢屋」の銘木師でもある中川典子さんが、和菓子に関する豊富な知識と人脈を活かし主宰している「京都・和菓子の会」。11年目を迎えるこの会が、展覧会にあわせて特別に開催されます。
今回は、展覧会をモチーフとした京菓子や開催時期にあわせて祇園祭のお菓子を用意。若手の京漆工芸作家7名の作品に実際に盛り付けて味わいます。
中川さんが本業を活かして見立てた床の間風家具の室礼や、「茶源郷」の別名を持つ京都の茶産地・和束町から招いた日本茶インストラクターによる水出し新茶も楽しめます。
また、漆芸作家による作品解説もあわせて行われます。
実際に漆器を見て、触って、使って、味わえるイベントです。

日時:2014年7月20日(日)・21日(月・祝)各日10:00~/13:30~(各日2回、計4回開催)
定員:各回40名(事前申込者優先)
参加費:一般4,000円、大学生以下3,000円(「うるしの近代」展チケット付)
出品作家:三木啓樂、太田勲、加藤友理、岡田嘉夫、水内倫子、新木郁雄、番浦肇

【申込・お問い合わせ】
「京都・和菓子の会」事務局
TEL:075-841-8074
FAX:075-841-8089
メール:webmaster@kyo-kaze.jp
京都・和菓子の会ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/kyoto_wagashinokai

【映画上映会】NFC所蔵作品選集 MoMAK Films 2014「映画とジャポニスム―早川雪洲特集」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回はハリウッドで活躍した最初の日本人スター・早川雪洲を特集します。

日時:2014年8月8日(金)19:00~『蛟龍を描く人』(1919年/51分)
      8月9日(土)14:00~『颱風(タイフーン)』(1914年/63分)、15:20~『火の海(神々の怒り)』(1914年/56分)
※全作品日本語字幕付き

料金:1プログラム500円(当日券のみ)
定員:100名(先着順受付)
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:冨田美香(立命館大学映像学部教授)、川村健一郎(立命館大学映像学部准教授)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗