1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都大学総合博物館
  5. ウフィツィ・ヴァーチャル・ミュージアム

ウフィツィ・ヴァーチャル・ミュージアム

2013/01/16 ~ 2013/03/24


【京都大学総合博物館】

京都大学総合博物館

近年、文化財や芸術作品の保存や研究においてデジタル技術は益々重要性が高まっています。
この展覧会では、イタリアが誇る芸術の都フィレンツェにあるウフィツィ美術館所蔵のルネサンス絵画コレクションから厳選した作品を、超高精細デジタル技術を用い高画質・高精細で再現し、新しい美術体験「ヴァーチャルミュージアム」として展示します。

最先端の技術で再現された名画は色彩や質感もウフィツィ美術館にあるオリジナルと変わりません。
展示では、実物大レプリカ(10点)をガラスの隔たりなく楽しめるほか、約100点の作品を実物大で見られるデジタル再現展示(Uffizi Collection「Feel Uffizi」)や、高精細デジタルデータによる200インチの巨大スクリーンでのデジタル解説シアターなどのインタラクティブツールが登場します。

ラインナップはボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」をはじめ、ダ・ヴィンチの「受胎告知」、ラファエロの「ヒワの聖母」など、世界的に知られる名画ばかり。
デジタル画像だからこそ見えてくる、名画の意外な細部をじっくり心行くまで鑑賞してください。

伝統と革新の融合はフィレンツェと京都の文化に共通の特徴でもあります。
アートとテクノロジーの対話によるひとつの未来形、そしてリベラル・アーツの真髄がここにあります。

※3月には展覧会に関連した国際シンポジウムも開催が予定されています。
詳細は下記CHECK POINTをご覧ください。

※好評により、会期が3月24日(日)まで延長となりました。
CHECK POINT

【関連イベント】レクチャー「高精細画像で味わうルネサンスの名画」

日時:2013年2月9日(土)13:30~15:00
会場:京都大学総合博物館 講演室
講師:岡田温司(京都大学大学院人間・環境研究科教授)
※事前申し込み不要・聴講無料

【関連イベント】ギャラリートーク

毎週土曜日、美術を専門とする大学院生等が展覧会をナビゲートします。(各回約30分)
日時:1月19日、26日、2月2日、9日(土)、16日(土)、23日、3月2日、9日(土)、16日(土)
各日13:30~/15:30~(2月9日のみ11:00~/15:30~)
※事前申し込みは不要です。

【関連イベント】国際シンポジウム「文化財の保存と科学技術―日本とイタリアにおけるデジタル映像化の現状と未来」

「ウフィツィ・ヴァーチャル・ミュージアム」展にあわせて、文化財や芸術作品のデジタル映像化をめぐる現状と問題点、さらには将来の可能性について、日本とイタリアの専門家に語っていただきます。
日時:2013年3月10日(日)15:00~18:00
会場:キャンパスプラザ京都 ※京都大学総合博物館ではありませんので、ご注意ください。
※参加無料・事前申し込み不要
※定員250名(先着順/当日14:30より受付)

出演

【ご挨拶】
大野照文(京都大学総合博物館館長)

【講演】
高妻洋成 (奈良文化財研究所文化遺産部景観研究室室長)
門林理恵子(大阪電気通信大学教授)
森岡隆行(日立製作所DISプロジェクト本部長)
ヴィート・カッペッリーニ(フィレンツェ大学工学部 教授[予定])
オリンピア・ニリオ(eキャンパス大学教授)
フェデリコ・ルイゼッティ (ノースキャロライナ大学教授)

【司会】
岡田温司(京都大学大学院人間・環境学研究科教授)

※講演の題目など詳細については、博物館サイトをご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗