1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 生誕140年記念 上島鳳山と近代大阪の画家たち-大阪の美人画は濃い!

生誕140年記念 上島鳳山と近代大阪の画家たち-大阪の美人画は濃い!

2016/05/28 ~ 2016/07/24


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

【作品画像】
(1)上島鳳山「十二月美人図」より「六月 青簾」(前期5/28-6/26展示)
(2)上島鳳山「十二月美人図」より「七月 七夕」(後期6/28-7/24展示)
(3)上島鳳山「緑陰美人遊興之図」(笠岡市立竹喬美術館蔵)通期展示
(4)伊藤渓水「四季花鳥画帖」八(前期5/28-6/26展示)
(5)伊藤渓水「四季花鳥画帖」七(前期5/28-6/26展示)


明治8年(1875)に岡山県に生まれた上島鳳山(うえしま・ほうざん)は、四條円山派の絵師西山完瑛らに師事し、独特の濃厚な雰囲気を漂わせた人物像を多く描きました。明治42年(1909)の第3回文展で落選したという記録が残るほかは、大規模な公募展にはあまり関わらず、住友家主催の園遊会などで席上揮毫を行ったり、後援者の求めに応じて描いていましたといわれています。

こうした後援者との密接な関係は、鳳山だけでなく大阪の他の画家たちにも見られます。

大阪の画家たちは作品が公になりにくく、経歴も辿れない事が多いため、今ではあまり知られていないのが現状です。各家庭において季節やしつらえに合うように描かれたこれらの絵は表具にも配慮がされており、展覧会出品作とは異なる趣向を示しています。

昨年上島鳳山の生誕140年目を迎えたことを機に開催されるこの展覧会では、鳳山の代表作「十二月美人図」全12幅をはじめ未公開作品を展示します。同時に彼の祖系にあたる絵師や同時代の画家たちを紹介し、近代大阪における絵画制作の現場について考えます。
画家の個性だけでなく、その作品を享受する人々の感性が反映された絵画を通し、日常で美術を楽しむことについて見直していただければ幸いです。

※会期中、一部展示替がございます。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「大阪の画家たち-近世から近代へ-」

日時:2016年6月18日(土)13:30~
講師:中谷伸生氏(関西大学教授)
会場:泉屋博古館 講堂
定員:100名(先着順受付/予約不要)
料金:無料(ただし、入館料は別途必要です)

【関連イベント】ゲストギャラリートーク「近代大阪の美人画」

日時:2016年7月3日(日)14:00~
講師:小川知子氏(大阪新美術館建設準備室研究副主幹)
会場:泉屋博古館 特別展示室
料金:無料(ただし、入館料は別途必要です)

【関連イベント】ギャラリートーク

上島鳳山展


日時:2016年5月28日(土)☆、6月26日(日)☆、7月16日(土)★ 各日15:00~
講師:☆…野地耕一郎(泉屋博古館分館長)/ ★…実方葉子(泉屋博古館学芸課長)
会場:泉屋博古館 特別展示室
料金:無料(ただし、入館料は別途必要です)

中国青銅器の時代


日時:2016年6月11日(土)、7月9日(土)各日15:00~
講師:廣川守(泉屋博古館副館長)
会場:泉屋博古館 青銅器館展示室
料金:無料(ただし、入館料は別途必要です)
※青銅器館は、毎日ミュ-ジアムボランティアによる解説があります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗