上村松篁展

2014/05/27 ~ 2014/07/06


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
(1)《孔雀》 昭和58(1983)年 京都国立近代美術館
(2)《星五位》 昭和33(1958)年 東京国立近代美術館
(3)《月夜》 昭和14(1939)年 松伯美術館
(4)《山鹿》 昭和11(1936)年 京都市美術館
(5)《万葉の春》 昭和45(1970)年 近畿日本鉄道株式会社


大正、昭和に活躍した、近現代の京都画壇を代表する日本画家・上村松篁(うえむら・しょうこう)。
近代美人画の大家として知られる上村松園(うえむら・しょうえん)を母に持つ彼は、伝統的な円山四条派の写生を生かしながら、近代的な画面構成をもつ新しい花鳥画を生み出したとして高い評価を受けました。昭和58年には文化功労者となり、昭和59年には史上初となる母子二代での文化勲章を受章しています。

今回の展覧会では、《星五位》、《丹頂》、《孔雀》といった花鳥画や動物画の代表作を中心に、奈良時代をテーマに描いた人物画の大作《万葉の春》を含めた75点の本画作品を展示。また、井上靖の小説『額田女王(ぬかたのおおきみ)』に使用された挿絵の原画や、庭で飼育していた鳥たちなどをモデルに日々続けられていた素描約30点を紹介します。
そのほか、12年間の密着取材によって撮影された、松篁のポートレート写真もあわせて展示します。

母・松園同様、「品があって匂い立つような」芸術を、花鳥画で一心に追求し続けた画家・上村松篁の軌跡をご堪能ください。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

上村淳之「自然との対話の中で」


日時:2014年6月7日(土)14:00~15:30
講師:上村淳之氏(日本画家/文化功労者・日本芸術院会員)
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(事前予約不要)
※入場無料、当日11:00よりインフォメーションにて整理券配布

飯島幸永「上村松篁画伯の人間像-12年に及ぶ撮影を通して」


日時:2014年6月21日(土)14:00~15:30
講師:飯島幸永氏(写真家)
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(事前予約不要)
※入場無料、当日11:00よりインフォメーションにて整理券配布

上村松篁 プロフィール

明治35(1902)年、日本画家・上村松園の長男として京都に生まれる。大正10(1921)年、京都市立絵画専門学校に入学すると共に日本画家・西山翠嶂に師事。在学中に帝展に初入選し、以降は官展系展覧会を中心に活躍する。しかし、第二次世界大戦後の昭和22(1947)年、官展の後継である日展で審査員を務めた際、その旧態依然とした審査に失望、日展を脱退する。翌年、奥村厚一、秋野不矩、吉岡堅二、山本丘人らと共に創造美術者協会(後の創画会)を結成。官展にも塾にも依らず、作品発表を続けた。
一方、昭和11年から43年の定年退官まで母校の京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で後進の指導にもあたった。
昭和58年には文化功労者となり、翌59年には史上初となる母子二代での文化勲章を受章した。平成13(2001)年没、享年98歳。
なお、子の上村淳之氏も同じく日本画家である。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗