上村松園展

2010/11/02 ~ 2010/12/12


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


京都で生まれ育ち、京都府画学校(現在の京都市立芸術大学)に進み、鈴木松年をはじめ、幸野楳嶺、竹内栖鳳と京都画壇の重鎮三人に学んだ、女性画家・上村松園(うえむら・しょうえん)。


彼女は若くしてその頭角を現し、文部省美術展覧会(通称文展)など各種展覧会に出品、気品あふれる人物画を次々と生み出しました。


松園は、浮世絵をはじめとする古画や伝統芸能、古典文学などの幅広い知識を土台とし、市井の人々の営み、歴史や物語、謡曲などに題材を採ったさまざまな作品を描きました。

そこには女性が数多く登場しますが、単なる女性美を表そうとしたのではありません。
画中の人物の心情に寄り添うかのようにあたたかな眼差しで対象を描くこともあれば、人物の心の奥底に渦巻く情念を静かに描き出すこともありました。



近世初期の風俗画や浮世絵など、人物表現の伝統の厚みを受け止める一方で、対象の内面や精神性の表現が追求された近代という時代と向き合い、自分ならではの人物画を模索しました。


この展覧会では、松園の画業を大きく3期に分け、代表作を含む約80点の作品によって軌跡をたどるとともに、その本質を改めて探ります。
「松園の前に松園なく、松園の後に松園なし」とまで称えられ、女性として初めて文化勲章を受章した松園。その生き方を、作品の数々から感じ取ってみて下さい。

※期間中、一部展示替えがございます。(【前期】11月2日~23日/【後期】11月25日~12月12日)


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

展覧会を記念して、講演会や解説講座が開催されます。
他ではなかなか聞けない、松園やその作品に関するお話。いっそう展覧会が楽しめること請け合いです!

記念講演会「上村松園——その人と芸術」


講師:尾﨑 正明 氏(京都国立近代美術館長)
日時:11月12日(金) 14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
定員:100人(聴講無料、先着制)
※申し込み不要。当日11:00~、受付にて整理券を配布します。

【関連イベント】特別文化講座

松園の作品とは切っても切れない関係にある、日本の伝統文化。
作品の題材とされた「能」と「日本髪」について、それぞれの第一人者が語ります。

特別文化講座「序の舞について お話と実演」


講師:金剛 永謹 氏(能楽師・金剛流宗家)
日時:11月6日(土)11:00~12:30(開場 10:30)
参加費:2,000円(「上村松園展」観覧券料金含む)
定員:400名(先着制)
会場: 金剛能楽堂(京都市上京区烏丸通中立売上ル)
※京都国立近代美術館ではございませんのでご注意下さい。
お問合せ:金剛能楽堂(TEL 075-441-7222 /月曜除く9:00~15:00)

特別文化講座「松園の描いた髪型 お話と実演」


講師:【講演・解説】猪熊 兼勝 氏(京都橘大学名誉教授)/【結髪・衣紋】南 登美子氏(有職美容師)
日時:11月18日(木)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
定員:70人(聴講無料、先着制)
※申し込み不要。当日11:00~、受付にて整理券を配布します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗