1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 没後200年記念 上田秋成

没後200年記念 上田秋成

2010/07/17 ~ 2010/08/29


【京都国立博物館】

京都国立博物館


江戸時代に書かれた、現代で言うホラー小説の先駆け的な存在である怪異小説『雨月物語』。
日本・中国の古典をベースにオリジナリティを加えた九篇の物語で構成された物語は、古典的な文体に柔らかい和文調を交えた、流麗な文体が特色のひとつとなっています。

この作者として有名な上田秋成(うえだ・あきなり/1734-1809)は、小説家としてだけでなく、俳人・歌人・国学者としても多くの著作を残し、独自の世界を築きました。
大坂に生まれた秋成は、前半生をこの地で過ごし、43歳の時に『雨月物語』を出版します。
60歳になって京都に移り住みますが、その後も続く旺盛な執筆活動には驚くべきものがあります。晩年の傑作『春雨物語』も京都で執筆されたものです。また、屈託のない語り口で記された随筆(エッセイ)『胆大小心録』からは、当時の文人や画家達との交流の様子が活き活きと浮かび上がってきます。
特に、円山応挙に対する「絵は応挙の世に出て、写生といふことのはやり出て、京中の絵が皆一手になつた事じや」という一文は、応挙の画風と影響力を物語る同時代の証言として、美術史研究の場でも頻繁に取り上げられてきました。

この展覧会では、初期から晩年にいたる秋成の自筆や出版物などを広く集め、彼の幅広い活躍をご紹介します。さらに、『胆大小心録』にも登場する円山応挙をはじめ、とりわけ交友の深かった呉春、池大雅や与謝蕪村、そして交友のあった田能村竹田、秋成の蟹型墓石の作者といわれる伊藤若冲といった、画家たちによる名品も併せて展示します。
上田秋成という魅力的な人物を通してみた、18世紀後半の日本の多彩で豊かな文学・芸術の世界をお楽しみ下さい。

【同時開催】特集陳列 新収品展
2008~2009年に京都国立博物館が収集した美術品・文化財を展示します。


CHECK POINT

関連イベント:土曜講座

1)7月24日
「上田秋成をめぐる京の画家たち」
講師:同志社大学教授 狩野博幸氏

2)7月31日
「秋成のつづら箱―知られざる名作の数々―」
講師:首都大学東京教授 稲田篤信氏

3)8月21日
「秋成と『胆大小心録』の画家たち」
講師:京都国立博物館研究員 水谷亜希

時間:各日13:30~
会場:京都女子大学J校舎5階J525教室
聴講無料、定員190名

※事前のお申し込みが必要です。
往復はがきに、聴講希望日・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、
京都国立博物館「土曜講座」係(〒605-0931 京都市東山区茶屋町527)までお申し込みください。
※往復はがき1枚につき、1名様1回分のお申し込みとなります。
※定員に達し次第締め切りとなります。予めご了承下さい。

同時開催:<特集陳列>新収品展

京都国立博物館では、より質の高い展示を目指し、継続して作品の収集が進められています。
平成20年4月から21年12月の間には、122件の寄贈を受け、9件の作品を購入しました。

寄贈品のうち95件は、戦前の外交官であった須磨弥吉郎氏の収集品で、すでに博物館に収蔵されている「須磨コレクション」を補完するものです。
また、ほかにも縄文土器、重要美術品の古今集や後撰集、仏画、狩野山雪筆の屏風、曾我蕭白筆の掛軸、御所人形、漆器、振袖などが並び、博物館のコレクションの多様性をよくあらわす展示となっています。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗