1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

2019/06/14 ~ 2019/07/28


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

アジアとヨーロッパにまたがる交易の要地として発展してきたトルコ。この地で20世紀初頭まで数百年の長きにわたり栄華を極めたのが、オスマン帝国です。オスマン帝国はスルタンと呼ばれる王の下、東西の多様な文化を受容・融合し、比類ない美を育んできました。
この展覧会では、イスタンブルにあるトプカプ宮殿博物館が所蔵するオスマン帝国時代の貴重な宝飾品、美術工芸品から約170点を展示し、オスマン帝国の美意識や文化、芸術観を紹介します。

トルコの文化において象徴的な存在が、トルコ語で「ラーレ」と呼ばれる花、チューリップです。オスマン帝国時代には国を象徴する花として敬われたチューリップは、国内で盛んに栽培され、2,000もの多彩な品種が生み出されました。文学や美術品のモチーフとしても好んで表現され、今もトルコでは特に身近な花として愛されています。展示品にも、王の衣装「カフタン」をはじめ、チューリップを文様としてあしらった宝飾品、工芸品、食器、書籍などの品々が登場します。

また、オスマン帝国のスルタンは、日本の皇室とも交流を持っていました。2019年は日本の新天皇即位の年であることを記念し、両国の交流を示す品々の他、明治期に海を渡った日本美術品を里帰りさせるなど、オスマン帝国と日本の友好関係の歴史にも光を当てます。

この展覧会がトルコの歴史や文化を深く理解していただくと共に、アジアの東西両端に位置する日本・トルコ両国に共通する美意識に触れ、交流のすそ野を広げる機会となれば幸いです。


***

【作品画像】
(1)《立法者スルタン・スレイマン1世》『トルコ皇帝肖像画集(ヤング・アルバム)』ロンドン、1815年
(2)《スルタン・メフメト4世の宝飾短剣》1664年頃
(3)《詩集のワニス塗り表紙》18世紀前半
(4)《スルタン・スレイマン1世のものとされる儀式用カフタン》16世紀中期
(5)《儀式用宝飾水筒》16世紀後半
※全てトプカプ宮殿博物館蔵


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

トプカプ宮殿の織物


日時:2019年6月15日(土)14:00~15:30
講師:奥村純代(トルコ・イスラーム美術史家)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(展覧会の観覧券が必要です)
定員:100名(先着順受付/事前申込不要)
※当日11:00より1階受付にて整理券を配布します(一人1枚、定員に達し次第終了)

トプカプ宮殿とチューリップ文化


日時:2019年6月23日(日)14:00~15:30
講師:ヤマンラール水野美奈子(本展監修者、元龍谷大学教授、国際トルコ美術史学会理事)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(展覧会の観覧券が必要です)
定員:100名(先着順受付/事前申込不要)
※当日11:00より1階受付にて整理券を配布します(一人1枚、定員に達し次第終了)

トプカプ宮殿からドルマバフチェ宮殿へ
オスマン宮廷と明治の日本美術工芸品


日時:2019年6月26日(水)14:00~15:30
講師:ジラルデッリ青木美由紀(美術史家)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(展覧会の観覧券が必要です)
定員:100名(先着順受付/事前申込不要)
※当日11:00より1階受付にて整理券を配布します(一人1枚、定員に達し次第終了)

【関連イベント】担当学芸員によるギャラリートーク

日時:2019年6月21日(金)、7月12日(金)18:00~19:00
会場:京都国立近代美術館
料金:無料(展覧会の観覧券が必要です)
定員:20名(先着順受付/事前申込不要)
※当日17:00より1階受付にて整理券を配布します(一人1枚、定員に達し次第終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗