1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 土田世紀全原画展―43年、18,000枚。

土田世紀全原画展―43年、18,000枚。

2014/05/31 ~ 2014/08/31


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム

【作品画像】
(1)土田世紀 「俺節」© 土田世紀(ポスター使用画像)
(2)土田世紀 「同じ月を見ている」 © 土田世紀


『俺節』や『編集王』『同じ月を見ている』など、才気あふれる作品を次々と世に送り出し、「天才」と呼ばれながらも2012年に早折したマンガ家・土田世紀(つちだせいき)。その画業を振り返る回顧展です。

展覧会では、土田のデビュー初期から晩年までを、約18,000枚にのぼる原画で紹介。
男たちのやり場のない青春の猛りを大胆かつ鮮明に描いた初期を<俺>の時代とし、その後ヒット作を連発し多忙な中で膨大なページを量産し続けた人気作家時代を経て、他者や自然との関係を哲学的に描き新境地を切り開いた<月>の時代まで、その表現の変遷をたどっていきます。

また、人気・有名作家の描き下ろしによる土田世紀トリビュート作品の展示や、土田世紀作品に深く共鳴するマンガ家や土田の担当編集者によるトークショーなど関連イベントも多数予定されています。
さまざまなアプローチでひもとく土田世紀の世界を、この機会にご覧ください。
 

トリビュート作品 出展作家

■ マンガ
新井英樹(「ザ・ワールド・イズ・マイン」)/信濃川日出雄(「ヴィルトゥス」)/青野春秋(「俺はまだ本気出してないだけ」)

■ イラスト
えすとえむ(「ゴロンドリーナ」)/上條淳士(「TO-Y」)/すぎむらしんいち(「超・学園法人スタア學園」)/日本橋ヨヲコ+木内亨(「少女ファイト」)/松本大洋(「ピンポン」)/矢口高雄(「釣りキチ三平」)/高橋よしひろ(「銀牙 -流れ星 銀-」)/倉田よしみ(「味いちもんめ」)/きくち正太(「おせん」)
 

土田世紀

1969年秋田県横手市生まれ。17歳のとき、『未成年』でマンガ家デビュー。『俺節』『編集王』『同じ月を見ている』など代表作多数。『同じ月を見ている』は、平成11年度文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞、2005年には実写映画化された。また、2000年には『編集王』が、2008年には『ギラギラ』が実写ドラマ化されている。
時流に流されないテーマやストレートに心に響くセリフ、天才的な画力で、マンガファンはもちろん、同業者やミュージシャンなどクリエイターの中にもその作品に惹かれる者は多い。2012年4月24日、43歳の若さで急逝。


CHECK POINT

【関連イベント】松本大洋×新井英樹×すぎむらしんいちトークショー 土田世紀を語る

土田世紀の作品に深く共鳴し、本展覧会でも描き下ろしのトリビュート作品を出展しているマンガ家、松本大洋氏と新井英樹氏、すぎむらしんいち氏。『IKKI』(小学館)編集長で土田の担当編集を務めた江上英樹氏を相手に、土田世紀を語りつくします。

日時:2014年7月27日(日)14:00~16:00
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金:無料(ミュージアムへの入場料は別途必要です)
定員:200名(先着順/事前申込不要)
※当日10:00より、ミュージアム館内にて整理券を配布します
出演:松本大洋(マンガ家)、新井英樹(マンガ家)、すぎむらしんいち(マンガ家)
   江上英樹(『IKKI』編集長/土田氏担当編集者)
   吉村和真(京都精華大学マンガ学部教授)

【関連イベント】シンポジウム:マンガ原画のアーカイブを考える「1万8千枚の土田世紀のマンガ原稿をどうする?!」

今回の展覧会をきっかけに集められた、土田世紀のマンガ原稿18,000枚。
展覧会後におけるこれらの行方を例に、近年議論が盛んになりつつある「マンガ原画のアーカイブと活用」について考えます。

日時:2014年8月31日(日)14:00~16:00
会場:京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1
料金:無料(ミュージアムへの入場料は別途必要です)
定員:50名(先着順/事前申込不要)
出演:江上英樹(『IKKI』編集長/土田氏担当編集者)
   大石卓(横手市増田まんが美術館担当)
   羽倉佳代(土田世紀氏著作権継承者)
   小川剛(崇城大学芸術学部助教)
   吉村和真(京都精華大学マンガ学部教授)
   伊藤遊(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗