1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. 特別展 朝鮮通信使と京都「誠信の交わり」への道 -松雲大師と雨森芳洲-

特別展 朝鮮通信使と京都「誠信の交わり」への道 -松雲大師と雨森芳洲-

2013/10/19 ~ 2013/12/23


【高麗美術館】

高麗美術館

「朝鮮通信使」とは、朝鮮国王から遣わされた使者のことです。彼らは室町時代から江戸時代にかけて日本を訪問し、 様々な足跡を残しました。

文禄・慶長の役で一旦緊張化した日本と朝鮮の国交回復は、朝鮮の義僧・ 松雲大師(1544~1610年)による京都伏見での交渉を機にその礎が築かれました。
朝鮮側 の名付けた使節の名称は日本の状況を探るという「探賊使(たんぞくし)」にはじまり、その後文禄・慶長の役で朝鮮から日本へ渡った被虜返還の意義を担った「回答兼刷還使(かいとうけんさっかんし)」、そして将軍襲職祝賀の命を帯びた「朝鮮通信使」というものに段階的に変化していきます。

今回の展覧会では、歴史の舞台として常に重要な位置付けにあった京都に焦点を当て、通信使たちも滞在した京の名刹に伝わる書画や詩文、通信使ゆかりの高麗茶碗などを展示し、朝鮮文士と京都の人々との交流を偲びます。そして雨森芳洲(1668~1755年)の唱えた隣国との「信(よしみ)」について文化的な視点から考察します。


CHECK POINT

【関連リンク】高麗美術館マダン講演会「朝鮮通信使と京都」(全4回)

会場:高麗美術館マダン(美術館そば)
参加費:1,500円(入館料含む)
定員:各回50名
※事前予約制のイベントです。お申込みは高麗美術館研究所(075-494-2238)までご連絡ください。

四百年前の日朝国交回復の立役者
―松雲大師(四溟堂)惟政と徳川家康


日時:2013年10月26日(土)14:00~15:30
講師:仲尾宏氏(本展監修者/高麗美術館理事)

日朝の墨戯の交わり


日時:2013年11月9日(土)14:00~15:30
講師:山下善也氏(京都国立博物館 連携協力室長)

高麗茶碗と朝鮮通信使


日時:2013年11月16日(土)14:00~15:30
講師:谷晃氏(野村美術館 館長)

誠信外交の実践者―雨森芳洲


日時:2013年12月14日(土)14:00~15:30
講師:佐々木悦也氏(高月観音の里歴史民俗資料館 学芸員)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗