1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. Trouble in Paradise/生存のエシックス

Trouble in Paradise/生存のエシックス

2010/07/09 ~ 2010/08/22


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館







水のゆくえ:アクアカフェ @KCUA Café (担当:井上明彦)







未来の家政学・Tea House of Robots  rootoftwo + PLY Architecture (University of Michigan)







「蜂」プロジェクト
スサーナ・ソアーズ(Susana Soares)



京都市立芸術大学創立130周年記念事業に協賛して開催される展覧会。


この展覧会では、生命、医療、環境、宇宙における芸術的アプローチなど、現代の先鋭的なテーマに挑戦する国内外の12のプロジェクトを紹介。
これを通じ、美術家や科学者、アクティヴィスト(※)などが分野を超えた交流を重ねることで、宇宙滞在、発達障害、遺伝子組み換え、認知症、庭園、脳科学など、一見バラバラで無関係に見えるこれらのテーマを、相互交流と対話が可能な、新しい関係として再配列することを目指します。
 ※積極的に意見をいい、企業価値向上に取り組む投資家のこと。転じて、社会貢献・アプローチを行う活動家のこと

展覧会を通じて生まれる新しい関係と視点は、私たちが日頃馴染んでいる経験や社会的制度を捉え直すものになるだけではなく、「ヒト、時間、空間」など、「生存」に関わる基本的概念の再構築を促す大きな可能性を含むものになります。

展覧会に併せて、鑑賞者が制作のプロセスに触れながら生きた知を収集/生産するためのワークショップや、生命・環境・宇宙・医療と芸術の新しい関係を探る国際シンポジウムも開催されます。
また、認知症、自閉症の人々を対象とした作品経験の機会を設定し、芸術・鑑賞・教育と医療の意味を問う対話の場となることも計画しています。


そして同時に、明治期における京都近代化のシンボルであった、京都国立近代美術館横を流れる琵琶湖疏水を今日的な視点から取り上げ、各々のプロジェクトをメタレベルで関係づけるフィールドワークなども開催されます。

エシックス(Ethics)とは、「倫理」のこと。それは、規範、モラル、道徳、善など様々な意味を内に秘めています。
医療や環境、果ては宇宙まで、複雑な「現代」とそれを構成する多彩なテーマ。それに展覧会から各種イベントまで様々な形でアプローチすることで、「生きることの倫理」を見つめなおします。




関連リンク

「Trouble in Paradise/生存のエシックス」専用ホームページ
「Trouble in Paradise/生存のエシックス」:京都国立博物館近代美術館



CHECK POINT

「現代」を「生きる」ことを考える、多彩なプロジェクトと関連イベント。

■ 環境活動から政治、医療、果ては宇宙まで!様々な「現代」にアートで触れる12のプロジェクト。


展覧会で紹介されるプロジェクトは実に多彩。
京都近代美術館の横を流れる琵琶湖疎水の「水」をテーマにしたものから、未来のキッチン、最新医療や脳科学、果てはなんと宇宙!
身近な題材からスケールの大きい分野まで、現代社会を彩る様々な内容にアプローチしています。
その方法も、音をサンプリングしたり、作品を実際に制作したりとこれまた様々。
普通の研究とはまたちょっと違った、アートな視点をもったプロジェクトたちは、どれも興味深いものばかりです。

■ 関連イベントも盛りだくさん。実際に参加できるものも!


今回は関連イベントも数多く開催。国際シンポジウムをはじめ、様々な分野(研究者からアーティスト、神社の宮司さんや漁師さん、国際ボランティアまで!)の方による講演会、作品の公開制作や、自分で参加できるワークショップなどが行われます!
「見る」だけでは終わらない、生の声に直に触れられる展覧会です。

国際シンポジウム&講演会

【国際シンポジウム「Creative Engagement/生存のエシックス」】


Part 1 「生命・環境・芸術」 7月10日(土) 10:30~16:30
Part 2 「宇宙・医療・芸術」 7月31日(土) 10:00~16:30
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
※聴講無料、先着100名
主催: 京都市立芸術大学、京都国立近代美術館
※英語は逐次通訳付
国際シンポジウムの詳細ページはこちら!

【講演会】


講演会のプログラム、開催日時についての詳細はこちら!
※日によって講演会の内容、講師、及び場所・開催時間が異なります。
※全て聴講無料です。
※講演会の一部は先着200名までの定員設定がございます。その場合は、当日開催前に整理券の配布が行われます。

《他にも、イベントは随時追加される予定です。詳しくは公式ホームページをご覧下さい

公開制作&ワークショップ

【公開制作】


(1)「水のゆくえ:連鎖する水声」
期間:7月11日(日)~8月中旬(作品完成次第終了)
担当: 中ハシ克シゲ
内容:約2万5千枚の写真をパズルゲームのように繋ぎ合わせ、「水」と関係の深い巨大な立体物を造り上げます。
※参加は自由ですが、お申し込みが必要です。
お申し込みはこちらのページにある申し込み用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、メールまたはFAX・郵送にてお申し込み下さい。
※期間中は、都合の良い日に自由に参加できます。(できれば複数日参加が望ましい)
※6/26(土)14:00~、京都国立近代美術館1階講堂にて、作業内容や趣旨についての説明会が開催されます。
詳細ページはこちら!

(2)「水のゆくえ:アクアカフェ @KCUA Café」
期間:7月9日(金)~ (完成次第終了)
担当:井上明彦
内容:京都の東端では琵琶湖疏水が市民を潤していますが、一方で西端では高速道路建設のために多くの自然が破壊されています。このプロジェクトでは、その京都西部の土・竹と疏水の水を使い、美術館の前庭に水飲み場「アクア・カフェ」を制作します。
※自由参加。申し込みは不要です。

【ワークショップ&アーティスト・トーク】


日時:2010年7月11日(日)
講師:デヴィッド・ダン(David Dunn)
内容:平安神宮や湖西の森、疏水で自然音収集を行うプロジェクトに関連したワークショップ。手製マイクを使い、疏水周辺でフィールドワークを行う予定です。
※詳細は公式ホームページをご確認下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗