1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都dddギャラリー
  5. 京都dddギャラリー・京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座連携企画展「なにで行く どこへ行く 旅っていいね」

京都dddギャラリー・京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座連携企画展「なにで行く どこへ行く 旅っていいね」

2016/11/11 ~ 2016/12/03


【京都dddギャラリー】

京都dddギャラリー


Poster Desigen by Ogawa Akihiro



あなたは「旅」からなにを連想しますか? 移動の車内や、街で見かけたポスターに、見知らぬ場所を見つけ、わくわくドキドキしたことはありませんか?



ポスターは、乗り物や観光地の紹介をする主要なメディアとして、人々と密接に繋がってきました。 今展覧会では、旅を移動、場所、そして旅がもたらす楽しさや感傷といった視点から捉えたポスターを選んでみました。移動手段がどのように広がり、地域と世界の情報が人々にどのように伝わったのか、そして、旅に対する感情はどのように喚起されたのか、ポスターを通して旅をみつめます。



DNP文化振興財団と京都工芸繊維大学美術工芸資料館の豊富なポスターコレクションの中から、「旅」をキーワードに選りすぐった多彩な作品をご紹介します。




*****



京都dddギャラリーでは、芸術系の大学や専門学校が集積する京都への移転を機に、教育機関や研究機関との連携を深めて、若い世代にグラフィックデザインの魅力を伝え、デザインの歴史を再検証する活動への挑戦を考えています。その第一弾として、京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座と共同で展覧会を開催いたします。京都dddギャラリーの新たな展開にぜひご期待ください。



※本展は、京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座2015年度受講生9名が企画いたしました。



CHECK POINT

【関連イベント】シンポジウム「観光ポスターに見る日本の近代ツーリズムについて」

観光ポスターは、国威発揚期、高度成長期、バブル経済期、そして現在に至るまで、国内外の消費者にどのように「旅」の視覚イメージを提供してきたのでしょうか。そして、代表的な都市である教徒や日本各地の「場所」への移動感情を喚起したのでしょうか。
このシンポジウムでは、本展に展示されたポスターを通じて観光ポスターとと近代日本のツーリズムとの関係に迫ります。

日時:2016年11月19日(土)12:30開場 13:00~16:00

会場:京都工芸繊維大学 60周年記念館 1階(松ヶ崎キャンパス内)
※京都dddギャラリーでの開催ではございませんのでご注意ください。

定員:170名(事前申込不要)
出演:《司会》
   並木 誠士 氏(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 館長)
   《パネリスト》
木戸 英行 氏(DNP文化振興財団)
   佐藤 守弘 氏(京都精華大学デザイン学部教授)
   平芳 幸浩 氏(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 准教授)

※こちらのイベントへのお問い合わせは 京都工芸繊維大学美術工芸資料館 までご連絡ください。

【関連イベント】ギャラリーツアー

本展を企画した京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座受講生が展示解説を行います。

日時:2016年11月12日(土)・26日(土)・12月3日(土)各日14:00~(約20分)
会場:京都dddギャラリー
料金:無料(事前申込不要)

【関連イベント】ワークショップ「オリジナルポスターをつくろう」

「旅っていいいね」と感じられる、オリジナルポスターを作るワークショップです。

日時:2016年11月20日(日)14:00~16:00
会場:京都dddギャラリー
定員:15名(当日先着順受付/小学生以上対象。低学年のお子様は保護者同伴)
料金:無料
※持物は特に必要ありませんが、素材にしたいものがあればご持参ください。
※仕上がりはB3サイズです。
※こちらのイベントへのお問い合わせは 京都工芸繊維大学美術工芸資料館 までご連絡ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗