1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 花園大学歴史博物館
  5. 東嶺圓慈 禅画と墨蹟 龍澤寺・齢仙寺と近江の禅寺所蔵作品

東嶺圓慈 禅画と墨蹟 龍澤寺・齢仙寺と近江の禅寺所蔵作品

2012/10/01 ~ 2012/12/15


【花園大学歴史博物館】

花園大学歴史博物館


「白隠あっての東嶺」か、「東嶺あっての白隠」か。

ユニークでユーモラスな書画作品で知られる禅僧・白隠慧鶴(はくいん・えかく/1685~1768)門下のひとり東嶺圓慈(とうれい・えんじ/1721~92)の功績を、後世の人々はこのように讃えます。
東嶺は白隠の名を民衆世界にも広め、同じく白隠門下のひとりだった遂翁元盧(すいおう・げんろ/1717~89)とともに「白隠二大神足」とならび称されています。

しかし、二人が白隠より受け継いだものは法灯だけに留まりません。
それは白隠に倣った禅画と墨蹟。二人は師に負けず劣らず、数多くの作品を遺しています。
とりわけ東嶺の独創的な遺墨は、見るものに強烈なインパクトを与え、現代の人々までも魅了しています。

白隠から受け継がれた東嶺の禅画と墨蹟は、白隠のそれを継承しつつも、白隠作品に増して大胆な筆遣いが見られます。「微細東嶺」と称される、禅風とは相反する豪放さがその魅力です。

この展覧会では、東嶺ゆかりの寺院に蔵されている遺墨を2期にわけてご紹介します。第1期(10/1~11/6)では東嶺の創建道場である龍澤寺(静岡県)の所蔵作品を、第2期(11/10~12/15)には齢仙寺(滋賀県)をはじめとする故郷近江の寺院につたわる遺墨を紹介します。
東嶺の作品を通して、師の足跡を辿るとともに、師の遺した禅画と墨蹟の魅力に迫ります。

CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

会場:花園大学教室
※入場無料、事前申し込み不要(先着150名)
※記念講演会についてのお問い合わせは、公益財団法人 禅文化研究所(TEL:075-811-5189)まで

「東嶺禅師『宗門無盡燈論』に学ぶ」


日時:2012年10月5日(金) 13:30~14:30
講師:横田 南嶺 老大師(臨済宗円覚寺派管長)

「東嶺圓慈墨蹟に流れるもの」


日時:2012年12月6日(木) 13:30~14:30
講師:丸山 猶計 氏(九州国立博物館主任研究員)

東嶺圓慈 プロフィール

とうれい・えんじ。~寛政4年(1792)
享保6年(1721)、近江小幡駅出町(現・滋賀県東近江市五個荘中町)で薬肆(くすりし/薬屋)を営む中村家に生まれた。
9歳にして、近江能登川・大徳寺の亮山恵林のもとで出家。このときより「慧端」と名乗り、のちに「道果」と改めた。
17歳のとき、日向(宮崎県)大光寺の古月禅材とその法嗣の翠巌従真に師事。その帰郷の途次、丹波(京都府)の法常寺の大道文可に参じた。
23歳で駿河(静岡県)松蔭寺において白隠に相見し、29歳にて白隠より印可を受ける。
35歳、妙心寺に登り、微笑塔下に分座し、初めて「東嶺」と号す。
その後、伊豆(静岡県)龍澤寺を造営するほか、今はなき駿河無量寺と江戸至道庵を復興するとともに、尾張(愛知県)犬山瑞泉寺の輝東庵を中興した。
東嶺は仏教のほか神道と儒教にも造詣が深く、神儒仏三教一致を唱え、自らを「三光崛」と称した。
寛政4年(1792)閏2月19日、72歳、郷里の齢仙寺にて示寂(没した)。
諡号は仏護神照禅師。著書に『宗門無尽灯論』など多数ある。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗