1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都精華大学ギャラリーフロール
  5. Too young -見たことがない、ふつうの展覧会-

Too young -見たことがない、ふつうの展覧会-

2012/02/06 ~ 2012/02/18


【京都精華大学ギャラリーフロール】

京都精華大学ギャラリーフロール



京都精華大学と展覧会企画を主な活動とするグループ「MUZZ( マズ)」が取り組む「ギャラリーフロール × MUZZ 」プロジェクトの展覧会です。

作品が誰かにとって、社会にとって、どのような意味をもつのか。
その可能性は作家にも想像しえないものです。
たしかなことは、作品をめぐる言説=物語は、その作品を誰かに見せたときから始まるということだけかもしれません。




作品発表の形態が多様化した現在でも、いまなお多くの場合、展覧会がその始まりとしての役割を果たしています。
「見たことがない、ふつうの展覧会」は、"作品をつくり展示する"というあたりまえのように捉えている行為について再考し、自分たちの展示や制作方法を探ってきた「ギャラリーフロール × MUZZ」プロジェクトの参加学生による展覧会です。

いったい誰にとって「見たことがない」展覧会なのか。
「ふつう」の基準とは何に拠るものなのか。
参加学生にとどまらず、広く再考されるきっかけになることを期待します。

MUZZとは

芸術活動の可能性を探るため2002年より活動。その実践的な場として、オルタナティブ・スペース「MUZZ PROGRAM SPACE」を2003年より運営。
作品制作の段階から展示方法まで、作家とマズのメンバーが一緒に話し合い展覧会をつくりあげる方法で、企画活動を行っています。
http://www.muzz.tv



プロジェクト参加学生


石井誠、岸本洋平、髙橋愛美、谷村諒、鳥彦、森綾花、渡辺望未


CHECK POINT

【関連プログラム】「be an artist」

ゲストアーティストとして三宅砂織さんを迎え、プロジェクト参加学生たちが対話を通して、作家として抱える問題意識や表現することについて理解を深めます。
※公開形式でおこないます。

日時:2月11日[土]14:00-16:00
ゲストアーティスト:三宅 砂織
コーディネーター:高橋 耕平

三宅 砂織 プロフィール


みやけ・さおり。1975年、岐阜県出身。
高校時代から日本画を始め、京都市立芸術大学大学院で版画を専攻。リトグラフやシルクスクリーン、フォトグラムなどの技法と、線描を活かした細微な表現により幻想的な画面を生み出す。
近年の主なグループ展に『LOCUS 五人の作家が紡ぎだす軌跡』(08年、神戸アートビレッジセンター)、個展に『CONSTELLATION2』(09年、ユカササハラギャラリー)、『realities or artifacts』(11年、Gallery Nomart)など。
2010年、『VOCA展2010』に出品、VOCA賞を受賞。

高橋 耕平 プロフィール


たかはし・こうへい。1977年、京都府出身。
京都精華大学大学院で版画を専攻。主に写真作品を制作し印画紙を加工する作品を発表。2005年よりビデオ作品を中心に発表している。
近年の主なグループ展に『WORM HOLE episode5』(07年、magical artroom)『The same thing or similar things, and an action.』(10年、AD&A gallery)『加納俊輔・高橋耕平展「パズルと反芻」"Puzzle & Rumination"』(11年、Social Kitchen、LABORATORY、Division)など。
2010年までMUZZのメンバーとして活動。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗