1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 富岡鉄斎 ~墨に戯れ、彩に遊ぶ~

富岡鉄斎 ~墨に戯れ、彩に遊ぶ~

2009/10/24 ~ 2009/12/06


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館


幕末から明治、大正の京都を生きた文人、富岡鉄斎(1836-1924)。

「万巻の書を読み万里の路を行く」

読書に旅三昧という、まさに文人画家の描く理想的な生活を実践した鉄斎は、80代を迎えてからその芸術を開花させたといわれ、その生涯で一万点以上の絵画を残しました。

また、和漢の古典に通じた彼は、古画の研究にも熱心で、画題は実に多岐にわたります。画上に書かれた詩句からも、その無尽蔵の教養に裏打ちされた深遠な洞察力をうかがい知ることができます。
しかしその一方で、豊潤な墨と色彩、力強く自由な筆致、生命力に満ちたその独創的な芸術表現は、文人画の枠にとどまらず、言葉の垣根を越え、時を経た今もなお、世界の人々を魅了してやみません。



この展覧会では、久々に住友コレクションの鉄斎作品約30点をまとめてご紹介します。
文人の理想郷を描く《掃蕩俗塵図》などの晩年の充実ぶりがうかがえる山水図に、《松尾芭蕉像》《利市三倍図巻》など60~70歳代の和漢の人物図がまとまってみられます。また、今回は日々彼が身近な人への贈り物として描いた13握の扇子からなる扇面図シリーズ《貽笑大方》も公開されます。


隠遁の高士(こうし/注1)や歴史上の偉人から、乞食や無垢な子供といった市井の人々まで、どこか親しみやすく、鉄斎の暖かなまなざしが感じられる人物図、気負いなく軽やかな筆致のバラエティ豊かな扇面図…
どれも、楽しみながら筆を走らせる素顔の鉄斎の息遣いが聞こえるような、そんな作品ばかりです。

まさに融通無碍(ゆうずうむげ/注2)の鉄斎芸術の世界を、彼が過ごした地・京都にてお楽しみ下さい。


注1)高士(こうし):脱俗した高潔の士、人格が優れた人のこと。
注2)融通無碍(ゆうずうむげ):決まった行動や考えに囚われることなく、自由であること。


CHECK POINT

企画展 列品解説

展覧会に際して、担当学芸員さんが解説をして下さいます。 展示室で実際に作品を見ながら行うギャラリートーク形式。 今回は会期中二回の開催です。 日時:10月31日(土)、11月21日(土) 14:00~ 会場:企画展展示室 講師:実方 葉子(学芸課主任) ※ 事前の予約は不要です。当日入館の方はご参加いただけます。


自由闊達・変幻自在―――日本最後の文人・鉄斎の世界を堪能。

京都で商人の子として生を受けた富岡鉄斎。
病気のため耳が少し不自由なところがありましたが、幼いころから勉学に励み、国学、漢学、陽明学、仏教など幅広く学問を収めました。

絵は18歳ごろから描き始めましたが、本格的に画家を目指してというものではなくあくまで文人、学者の嗜みとしてだったようです。
実際、彼は「自分は意味のない絵は描かない」「自分の絵を見るときは、まず賛文を読んでくれ」と口癖のように言っていたのだとか。
しかし、豊富な知識に裏打ちされ、また大和絵や狩野派、円山派、琳派、大津絵…と様々な画風を取り入れた彼の絵は、極めて創造的で自由な、オリジナリティに溢れた作品となりました。

生涯に一万点以上という多くの作品を描いた彼ですが、若描きの作品が少なく、晩年になるほど多くの作品が遺されている点、歳を増す程に芸術が花開いたということがよくわかります。
日本では最後の文人とも称され、海外にもファンの多い富岡鉄斎。
その世界を、彼の生まれ故郷である京都で、この機会に味わってみては如何でしょうか。


【ここに注目!】
今回の展示品の中でも注目なのが扇面作品。扇子そのものに描いたものから、後に掛軸に改装されたものも含め19点が展示されます。
親しい人に求められるままに描き贈った扇子には、気負いなく画筆を楽しむ鉄斎の素顔をうかがうことができます。
また、扇子の骨にまで飛び散った墨は、とらわれなく軽やかに筆を揮ったことを雄弁に物語っています。
そのうち、中心となる『貽笑大方(いしょうたいほう)』は13点の扇子からなるシリーズ作品。 無精ひげの寿老人や大江匡房など鉄斎作品ではおなじみの人物図が見られる一方、鉄斎には珍しく桔梗や桜などの花卉を風趣豊かに描写した、小振りの女性用扇子もあります。
また、他には相国寺から貰い受けた銘木の梅の花をそのまま扇に貼り付けた遊び心たっぷりの『鶯宿梅図(おうしゅくばいず)』、大正13年の皇太子(後の昭和天皇)ご成婚の際に献上された扇面を生かしたパノラミックな構図の『富士山図』など、どれも題材豊富で扇面ならではの斬新な作品が揃っています。
大和絵から文人画まで変幻自在に描き分ける技法、そして鮮やかな色彩や艶やかな墨色、という鉄斎作品の要素が、ぎゅっと小さな画面に凝縮されています。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗