1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市学校歴史博物館
  5. 京都における 特別支援教育のあゆみ

京都における 特別支援教育のあゆみ

2015/12/12 ~ 2016/03/29


【京都市学校歴史博物館】

京都市学校歴史博物館

京都における特別支援教育は、明治7(1874)年頃に京都の小学校教師・古河太四郎が聾教育を開始したのがその始まりとされています。明治11(1878)年には京都盲唖院が開設されます。その開設130周年にあたる平成20(2008)年には、京都市学校歴史博物館で開催した企画展「『京都盲唖院』発!障害のある子どもたちの教育の源流」において、盲唖院にまつわる数々の貴重な史料を公開しました。 

一方で、知的発達に遅れのある児童の教育については、明治38(1905)年に淳風尋常小学校内に特別学級が私設され、大正11(1922)年以降は市内小学校に公的な特別学級が設置されていきます。戦後には昭和22(1947)年の学校教育法で初めて障害児の教育を受ける権利が国によって認められ、昭和31(1956)年の公立養護学校整備特別措置法成立以降、桃山小学校呉竹分校(現呉竹総合支援学校)をはじめ計7校の市立養護学校が誕生しました。

そして現在、京都市では、各養護学校は障害種別を超えた総合制の「総合支援学校」へと生まれ変わり、「総合育成支援教育」という独自の取組がなされています。
このように、特別支援教育は、時代によってその呼び方だけでなく、制度や教育内容など、様々なことが遷り変わる中で、発展してきました。

今回の展覧会では、京都市学校歴史博物館の所蔵品のほか、京都市内の特別支援学校や元教職員の方々などから提供された写真・史料など約130点を展示。京都市における明治30年代から総合支援学校誕生までの特別支援教育のあゆみを、様々な史料を通してたどります。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「特別支援教育史に「教育の本質」を探る」

日時:2016年3月6日(日)14:00~15:30(受付は13:30~)
講師:和崎光太郎(京都市学校歴史博物館学芸員)
会場:京都市学校歴史博物館
定員:55名(要申込/先着順受付)
料金:無料(ただし当日の入館券が別途必要です/各種割引可)
※手話通訳有り(10日までに要予約)
※定員に達し次第受付終了となります

申込方法


「イベント名」「代表者氏名」「連絡先電話番号」「参加人数」、及び
申込方法にあわせて「住所/FAX番号/メールアドレス」を明記の上、
お電話・FAX・はがき・メールのいずれかにてお申込ください。
※お電話の受付は9:00~17:00(水曜休館)となります。おかけ間違いの無いよう、ご注意ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗