1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. 2010年庚虎 高麗美術館 新春特別展 朝鮮虎展

2010年庚虎 高麗美術館 新春特別展 朝鮮虎展

2010/01/09 ~ 2010/02/14


【高麗美術館】

高麗美術館


朝鮮半島の虎は、古来から人々と深く関わり、「鵲虎図(じゃっこず)」や「龍虎図(りゅうこず)」など、虎を題材とする民話や美術工芸品が今日まで数多く伝わっています。

一方、日本の人々にとって、自国内に生息しない虎は早くから興味の対象となり、江戸時代には絵画の画題として多く取り上げられています。伊藤若冲(1716~1800)の描いた鹿苑寺(ろくおんじ・金閣寺)所蔵の「竹虎図」は、同じく京都の正伝寺に伝わる「虎図」をもとに作画されたもので、近年の調査で正伝寺の虎の絵は、朝鮮半島で制作された可能性が高いといわれるようになりました。


この展覧会はその二つの虎図が顔を合わせる貴重な機会となります。



また、「松下虎図」(大阪市文化財協会)などの朝鮮通信使関係資料や中国の虎図も出品。
その他、虎の姿を象った木製人形や京都発祥の老舗和菓子店「虎屋」の蒸籠(せいろ)など工芸品や道具類も併せて展示されます。

丁度干支が寅の年を迎える2010年、絵画や工芸品に表された虎の姿をみつめ、朝鮮と日本の関係を探ります。

※期間中、作品保護のため一部展示替される作品がございます。


 


CHECK POINT

「虎」を通じて繋がる、二つの国の文化の姿。

展覧会の目玉作品のひとつとなっているのが、朝鮮で描かれたといわれる正伝寺蔵の「虎図」とそれを元に描かれた伊藤若冲の「竹虎図」です。

・ 正伝寺の『虎図』(伝李公麟筆 朝鮮時代16世紀後半)(左写真)
正伝寺は高麗美術館から西北へ約3キロに位置する臨済宗南禅寺派の名刹。
この絵は、元来は中国絵画であるとされていましたが、近年の研究調査の結果、朝鮮で描かれた可能性が高い、と指摘された逸品です。

・ 伊藤若冲『竹虎図』(江戸時代・18世紀末)(右写真)
上記の『虎図』をお手本に、伊藤若冲が描いた虎の図。
若冲は狩野派のほか、手本を中国・宋元の古画にもとめ、数多くの模写を行いました。その背景には、親しくしていた相国寺第十三代住持・梅荘顕常(1719~1801)の存在があります。若冲と相国寺との関係は深く、この絵を所蔵していた鹿苑寺(金閣)も相国寺の門外塔頭。若冲はその鹿苑寺の大書院の襖絵も手がけています。

若冲はこの絵のほかにも、ほぼ同じ図像の絵をもう一枚、描いています。
その『虎図』(絹本着色/エツコ&ジョー・プライスコレクション)に関して、若冲の言葉が残っています。

「我れ物象を画くに、真に非ざれば図せず。国に猛虎なければ、毛益(※)に倣いて模す(私はものを描くとき、実際に存在するものでなければ描きません。しかし日本には虎はいないので、毛益の絵を模写したのです)」
※毛益とは中国・南宋の宮廷画家。当時正伝寺の『虎図』は中国画であるとされていたため

当時の日本の人々にとって、「虎」という生き物がいることは知っていても、それを見ることができたのは絵や工芸、もしくは毛皮の状態でだけでした。
その点において、生きた虎が身近に存在した国で描かれた絵や美術品は、人々の興味関心を満たす、とても貴重な存在だったのでしょう。

絵や美術品の「虎」を通して繋がった、朝鮮と日本、二つの国の文化の姿。
それぞれの違いを見比べながら、味わってみては如何でしょうか。


虎の民話を読んでみよう!「児童文学作家キムファン先生の虎の絵本読書会」

展覧会の関連イベントとして、韓国の児童文学作家・金晃(キムファン)先生による虎の絵本の読書会が開催されます。

朝鮮には虎が登場する民話(昔話)が数多く伝えられています。
絵本の中に登場する虎はいずれも神聖で、力強く描かれていますが、その一方でおろかで滑稽に擬人化された姿であらわされてもいます。虎の姿を借りて、この世に生きる知恵をユーモラスに語り、伝えてきた朝鮮の昔話の数々に実際に親しむことができる貴重な機会です。

また、期間中には限定でキムファン先生の選んだ韓国の虎の絵本5作品が販売されます。
これらは日本語版も出版されており、日韓双方の言葉で物語を楽しむことができます。

日時:1月16日(土) 14:00~
場所:高麗美術館2階
人数:20名程度予定
※参加をご希望の方は、2010年1月5日以降に、お電話にて直接ご連絡ください。
(電話075-494-2238 高麗美術館トラの絵本読書係まで)
※参加は無料ですが、高麗美術館「朝鮮虎展」の入場料が別途必要です(中学生以下は無料)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗