1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 絵本原画展 きかんしゃトーマスとなかまたち

絵本原画展 きかんしゃトーマスとなかまたち

2013/07/20 ~ 2013/08/12


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

レジナルド・ダルビー「トーマスとバーティ 」1949年 © 2013 Gullane(Thomas)Limited.

世界中で愛され続けている「きかんしゃトーマス」は、原作者であるウィルバート・オードリー牧師が、病気で寝込んでいた息子を元気づけるために聞かせた蒸気機関車たちの話から誕生しました。
その物語は、1945年に「The Railway Series」として出版され、たちまちイギリス中の子供たちの人気本になりました。ソドー島を舞台に機関車たちが活躍するこのシリーズは、ほぼ1年に1巻4話ずつ26巻まで届けられ、世界各国で翻訳され人気を博しています。日本では1973年に「汽車のえほん」シリーズとして発行され、ロングセラー絵本として愛読されています。

原作者のウィルバート・オードリー牧師は絵を描くのがあまり得意ではなかったので、挿絵は専門の画家が担当しました。
この展覧会では「汽車のえほん」シリーズの絵を描いた3組4人の画家(レジナルド・ダルビー、ジョン・T・ケニー、ガンバー・エドワーズ、ピーター・エドワーズ)が描いた絵本原画を約170点展示します。
また、日本未出版の息子クリストファーが引き継いだシリーズの絵本の挿絵(クライブ・スポング)、テレビシリーズの撮影に使用された機関車のモデル車両なども展示し、「きかんしゃトーマスとなかまたち」の世界を展覧します。
CHECK POINT

作家プロフィール

ウィルバート・オードリー(原作者)


1911年-1997年。イギリスの牧師。作家。イギリスハンプシャー州ロムゼー出身。
子供たちに夢を与えたいという思いから絵本の執筆を手がけ、たくさんの作品を残しています。中でも “きかんしゃトーマス”の登場する「汽車のえほん」(原題:The Railway Series)は世界中で翻訳出版され、彼の代表作となりました。

レジナルド・ダルビー


1904年-1983年。イギリスレスター出身。美術学校を卒業後、フリーのイラストレーター、デザイナーに。1~11巻までの絵本挿絵を担当。

ジョン・T・ケニー


1911年-1972年。レジナルド・ダルビーと同じ美術学校を卒業後、広告などのイラストレーションを手がける。12~17巻目の挿絵を担当。

ピーター・エドワーズ


1934年、イギリスロンドン生まれ。イラストレーター。
1957年、同じくイラストレーターのスウェーデン人のガンバーと結婚。18~26巻の挿絵を担当。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗