1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 明治の七宝 The Golden Age of Cloisonne

明治の七宝 The Golden Age of Cloisonne

2011/11/25 ~ 2012/02/19


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館


日本人でも明治時代に素晴らしく美しい七宝作品が日本で作られていた事を知る人は多くはありません。
逆に、日本人だけが知らないと言った方が良いかも知れません。
なぜなら欧米の日本美術愛好家の間では明治の七宝の美しさは誰もが知るところであり、現在も高い人気を誇っているからなのです。

幕末・明治の優れた工芸品をコレクションしている清水三年坂美術館の村田館長が明治の七宝とはじめて出会ったのは、アメリカ・ニューヨーク。今か20年程前の事でした。
「漆黒の背景にブルーやグリーン、オレンジなどの鮮やか
な色彩で花鳥が描かれたその神秘的な美しさに目がクギ付けになった事を今も鮮明に覚えている」(村田館長)

19世紀の欧米の大都市で開催されていた万国博覧会。
日本館
の展示室に並ぶ七宝を見て欧米人達が度肝を抜かされたであろう事は、容易に想像出来ます。
七宝の歴史を変えるほどのこのような美しい七宝が、開国してまだ間もない日本で作られていることに欧米人たちは驚きました。
明治の七宝を代表する作家・並河靖之の作品などは、梱包を解く前に既に競売にかけられ、高値で売り切れたと言われています。


明治時代の七宝作品は欧米人が高値で購入してきたため、日本人の目には殆ど触れることもなく、海外に流出していきました。
国内で殆ど唯一の購入者は、明治天皇、宮内省(現:宮内庁)でした。
それは明治天皇が個人的に七宝作品がお好きだったからであり、宮内省は海外から来られる国王や大統領へのプレゼント品として購入していた
からです。


明治の七宝を作るには高度な技術が必要で、今となってはもう誰も作ることが出来ないとも言われます。もし仮に作れたとしても、一つの作品を生み出すためには、おびただしい労力と時間を必要とするのです。

この展覧会では、日本における七宝焼の黄金時代ともいえる、明治時代の優れた七宝焼作品の数々をご紹介します。

「世界の七宝美術の頂点に君臨する明治の七宝を収集して20年。日本人の間でも認知され、正しく評価されることを願って止みません。」(村田館長)

CHECK POINT

【関連イベント】特別鑑賞会「七宝の名品を愛でる」

大正時代創建の元お茶屋の座敷「津田楼」にて、清水三年坂美術館に収蔵されている七宝作品を、実際に手に取ってご覧頂ける特別鑑賞会を行います。

解説:村田理如(清水三年坂美術館館長)
日時:2012年1月14日(土)11:00~14:00
参加費:8,000円(税込・前納制) 昼食・当館入館券付
持ち物:マスク

会場:「津田楼」http://tsudaro.com/access/
【アクセス】
京阪「祇園四条」駅もしくは阪急「河原町」駅下車、徒歩5~10分。
京都市バス「祇園」下車、徒歩5~10分。

申込方法


お名前、ご住所、電話番号、同行人数、同行者名をご明記の上、E-mailまたはFAXにてお申し込みください。
美術館受付でも申し込み可能です。

【関連イベント】ギャラリートーク

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
特別展である本展はもちろん、常設展も一緒に、
実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2012年2月5日(日)14:00~
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗