THE ハプスブルク

2010/01/06 ~ 2010/03/14


【京都国立博物館】

京都国立博物館


1869年に日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)が国交を樹立してから140年。
これを記念し、ウィーン美術史美術館(オーストリア)やブダペスト国立西洋美術館(ハンガリー)などの所蔵品から、ハプスブルク家ゆかりの名品を中心に選りすぐった絵画や工芸品、合計約120件を公開する展覧会です。

13世紀から20世紀初頭まで、実に600年以上にわたってヨーロッパに君臨したハプスブルク家は、巧みな結婚政策によって神聖ローマ帝国の皇帝を数多く輩出した名門。歴代の王たちは、その優れた審美眼と熱意を持って、自ら積極的に芸術保護を行いました。
その結果生まれた膨大なコレクションは、ハプスブルク家の威光を示す豪華絢爛さだけでなく、西洋美術の真髄を伝える歴史的意義や学術的な質の高さという点でも、特筆に値するものがあります。















アンドレアス・メラー
《11歳の女帝マリア・テレジア》
1727年、ウィーン美術史美術館蔵
© Kunsthistorisches Museum,Vienna



ディエゴ・ベラスケス
《白衣の王女マルガリータ・テレサ》
1656年頃、ウィーン美術史美術館蔵
© Kunsthistorisches Museum,Vienna



この展覧会では、マクシミリアン1世の宮廷画家デューラー、スペイン王フェリペ4世の宮廷画家ベラスケス、ネーデルラント(オランダ)のアルブレヒト大公 の宮廷画家ルーベンス、さらにラファエッロ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ゴヤまで、16~18世紀というヨーロッパ芸術の最盛期の名画は圧巻。総勢約 50名もの大家たちによる、西洋美術史に輝く逸品の数々が集結します。


そして、彼らを保護した歴代の皇帝・王妃の姿を描いた美しい宮廷肖像画作品、また、絵画と共に宮廷を飾ってきた工芸・武具のコレクションも併せて出品されます。
意外なことに当時の工芸品や武具には同時代の日本の美術工芸品に通じる点が少なくありません。

それに加えて、今回は明治天皇が皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に友好のしるしとして贈った画帖と2基の蒔絵棚が特別出品。
これは今回の展覧会を期に日本に初めて「里帰り」するもので、京都国立博物館の研究員がウィーンに赴き調査した最新の成果とともに公開します。

芸術を庇護し、愛し続けた美の帝国の栄華を物語る名品の数々。
日本とヨーロッパとの繋がりにも思いを馳せながら、この機会に是非ご堪能下さい。


CHECK POINT

名だたる巨匠と名画の数々に魅了された王たちの成果が、京都に!

600年もの歴史に裏打ちされたコレクションは、まさに西洋美術史が一望できるほどの量と質を備えています。出品作品も、デューラーからベラスケス、ルーベンス、クラナッハ、ラファエッロ、ティツィアーノ、ティントレット、エル・グレコ、ゴヤ…と一度は耳にしたことのあるような名だたる画家の作品がずらりとならびます。
肖像画や工芸品、武具など当時のハプスブルク家の人々や暮らしを伝えるような品々、日本との交流の歴史を示す明治天皇からの贈り物…見どころは盛りだくさんです。
これだけまとまった数の名品が、京都で一堂に会します。この貴重な機会をお見逃しなく!

【展示構成】

展示室は各部屋毎にテーマが定められており、
「特別出品 明治天皇から皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に贈られた画帖と蒔絵棚」「イタリア絵画」「スペイン絵画」「ハプスブルク家の肖像画と武具コレクション」「ドイツ絵画」「フランドル・オランダ絵画」「美術収集室(クンストカンマー)の美術工芸品」
これに沿って作品を分類し、展示しています。
各国・各時代の表現方法の特徴を見比べてみたり、当時の王家の人々の暮らしを想像したりしながら味わってみては如何でしょうか。
また、特別出品の明治天皇からの贈り物は今回日本へはじめての里帰り公開。
日本とハプスブルク家の友好の歴史にも思いを馳せながら見ると、日本の美術品も少しいつもと違った感動が味わえるかもしれません。

【ヨーロッパを代表する名門王家の肖像画】
今回の大きな見どころのひとつは、歴代皇帝や王妃などの威風堂々とした姿を現代に伝える宮廷肖像画。
豪華な装身具やドレスが細かく描きこまれ、当時の装いや暮らしぶり、そして栄光のハプスブルク家の歴史を思い起こさせます。
マリー・アントワネットの母でもある女帝・マリア・テレジアの少女時代や、「シシィ」の名で親しまれるエリザベート皇妃など、日本では中々見る機会の少ない肖像画が展示されます。
性格や生き様までもを写し取ったかのような美しい肖像画の数々。その人はどんな人だったのだろうか、歴史を踏まえながら見るとまた一段と楽しめるはずです。


関連イベントや特別企画も盛りだくさん!

【プレミアムチケットも発売!】
展覧会を記念して、通常のチケットとは別にプレミアムチケットが発売されています。
これは『ベルサイユのばら』の作者としておなじみの池田理代子さんが特別に描き下ろしたイラスト入りの豪華仕様チケット。
絵柄は「マリア・テレジア」「エリザベート(シシィ)」「マルガリータ」の三種類です。

料金:1500円(ローソンチケットにて発売中/Lコード:58908)
※プレイガイドでは入場券と引換券を発行。プレミアムチケットは引換券と、会場内グッズ売り場にて引き換えとなります。
※枚数限定のため、無くなり次第販売終了となります。

【記念講演会 「怖い絵―華麗なるハプスブルク家の人々」】
ベストセラーとなった美術エッセイ『怖い絵』で知られる、中野京子さん(早稲田大学講師)が、名画に隠された物語の数々を紹介。より展覧会が面白くなる記念講演会です。

日時:2010年1月31日(日) 14:00~15:30
会場:ハイアットリージェンシー京都・ボールルームII(京都国立博物館向かいのホテル)
定員:200名
聴講料:2800円(ローソンチケットにて販売/Lコード:58935)
※展覧会入場券(池田理代子さんの描き下ろしプレミアムチケット)がセットになっています。


【土曜講座】
1)1月23日
「明治天皇からの贈り物―画帖と蒔絵と金魚蜂」永島明子(京都国立博物館 主任研究員)
2)2月6日
「ハプスブルク・コレクションの歴史―ルドルフ2世から世紀末へ」千足伸行(成城大学教授)
定員に達しました(満席)
3)2月13日
「工芸のシンクロ―ルネサンス期のハプスブルク工芸と日本」久保智康(京都国立博物館 企画室長)
4)2月27日
「ウィーンから初里帰り!明治2年の日本画帖」山下善哉(京都国立博物館 連携協力室長)

会場:京都女子大学 J校舎5階J525教室
時間:13:30~15:00
定員:各回190名 ※参加無料
《申し込み方法》
往復はがきに「希望日・住所・氏名・年齢・職業・電話番号」を明記の上、京都国立博物館「土曜講座」係までお申し込み下さい。
※定員になり次第締め切りとなります。
※往復はがきは1枚に付き1名様1回分のお申し込みとなります。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗