1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. 荒川修作+マドリン・ギンズ 天命反転プロジェクト

荒川修作+マドリン・ギンズ 天命反転プロジェクト

2010/05/10 ~ 2010/06/25


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館



1950年代後半に美術家として活動を開始し、1961年に単身ニューヨークに渡った荒川修作。彼はかの地で詩人マドリン・ギンズと出会い、それ以降は連名で作品を発表するようになります。

人間の知覚や認識のプロセスを問い直すことを試みてきた荒川とギンズは、人間の「天命」とされてきた「死」に抗することを目標に、人間の身体を再構築する様々なプロジェクトを推進してきました。そのプロジェクトは美術の領域を超えて建築や都市計画へと広がっていきます。



日々の生活環境を変容させることにより「建築的身体」を覚醒させる荒川+ギンズのプロジェクトは、東京都三鷹市の《三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller》(2005)やイースト・ハンプトンの《バイオ・スクリーブ・ハウス》(2008)などの建築物として実現されています。


この展覧会では、荒川+ギンズの天命反転プロジェクトの展開を、特に建築物に焦点を当て、図面やCGや写真によって紹介します。
岡山県奈義町現代美術館の《偏在の場・奈義の龍安寺・建築的身体》(1994)や岐阜県養老町の《養老天命反転地》(1995)を経て、三鷹天命反転住宅やバイオ・スクリーブ・ハウスへと至る道筋、そして未来への構想を辿ります。
荒川+ギンズが目指す「天命=死」の反転。それがどのように具現し、どのように展開していくのか。その歩みを展示を通してご覧下さい。

荒川修作+マドリン・ギンズ 公式サイト ARCHITECTUAL BODY
三鷹天命反転住宅 公式サイト


CHECK POINT

関連イベント:シンポジウムと映画上映

今回の展覧会の関連イベントとして、今夏に公開予定の荒川修作とその世界を巡るドキュメンタリー映画「死なない子供たち」のプレミア上映会や、天命反転プロジェクトの建築を語るシンポジウムも併せて開催されます。

【シンポジウム】
「荒川修作+マドリン・ギンズと建築」
日時:2010年5月16日(日) 14:00~
会場:京都工芸繊維大学 大学センターホール
《パネリスト》
佐野吉彦 (工芸科学研究科客員教授・安井建築設計事務所代表取締役社長)
※安井建築設計事務所は、三鷹天命反転住宅の設計を担当
小野暁彦 (京都造形芸術大学准教授・建築家)
米田 明 (京都工芸繊維大学工芸科学研究科准教授)
平芳幸浩 (京都工芸繊維大学 美術工芸資料館准教授)


【プレミア上映会】
映画「死なない子供たち」(2010年夏公開予定)上映会
日時:2010年6月11日(金)17:30~ (上映時間約85分)
会場:京都工芸繊維大学 大学センターホール

美術?建築?それとも…「不可能を可能にする」住宅の世界を図面から。

モダンアートや現代建築に興味のある方なら、一度は「天命反転」の名前を耳にしたことはあるのではないでしょうか。

この「天命反転プロジェクト」のコンセプトには、荒川さんの幼い頃の戦争体験があるのだそう。
死という不可避な状況を何とか止められないか、その思いを具体化すべく彼はアーティストの道を選んだといいます。

建築をメインのひとつとするようになったのは、「環境が変われば身体も変わる」という考えから、実際に体験できる要素を重視したため。
例えば、代表作のひとつである《三鷹天命反転住宅》(2005)は、一見カラフルな球体や立方体を組み合わせたオブジェのようですが、れっきとした住宅。「住まいは身体の延長にある器であるべき」とし、傾いた床や滑り台のような球体の部屋など、訪れた人の身体感覚を揺さぶるような仕掛けが満載です。それにより、人間が本来持つ可能性に気づき、今まで不可能だと思っていたことも可能だ、と希望を持ってもらう、ということを目的としているのだそう。
実際にそこで暮らすことも可能で、居住している方は勿論宿泊利用する人もいて、実際にその世界観を「体験」することができるようになっています。

美術は勿論、建築界などでも話題となり、数々の建築雑誌やメディアで度々特集が組まれるなど、世界的にも注目を集めているこのプロジェクト。残念ながら建物はやってきませんが、可能性に気がつき、希望を持つことで天命を乗り越えるという荒川+ギンズの考えは、設計段階の図面などにも脈々と流れています。

まだまだ現在進行形の「天命反転プロジェクト」、その一端を、展示から感じ取ってみて下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗