1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 帝室技芸員 series Ⅳ― 加納夏雄と海野勝珉

帝室技芸員 series Ⅳ― 加納夏雄と海野勝珉

2013/02/22 ~ 2013/05/19


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館

明治4年(1871)、廃藩置県により幕藩体制が崩壊し、武家社会は終焉を迎えました。明治9年(1876)には廃刀令が出され、刀の需要が途絶えたことにより、大名家お抱えの刀装金工達だけでなく、町人達の脇差の装剣金具を作っていた町の金工師達も失業の憂き目を見ることとなりました。

その後、多くの刀装金工達は、装剣金具作りで身に付けた彫刻や象嵌技術を用い、花瓶や香炉、置物作りに活路を見出そうとしました。その中で一躍注目を集めたのが、加納夏雄と海野勝珉でした。
彼等はその当時海外でほぼ2年毎に開催されていた万国博覧会や国内の勧業博覧会、美術展で常に上位入賞を果たし、多くの作品が明治天皇や宮内省の買い上げとなり、金工界のトップの座に躍り出た人達です。

加納夏雄と海野勝珉の2人は、後に帝室技芸員に選ばれ、東京美術学校教授として多くの名工達を育て上げた事でも知られています。
夏雄は京金工、勝珉は水戸金工であり技術面での差異はありますが、両者とも絵画的表現に優れ、感性が豊かなところが共通しています。
夏雄は余白を多く残す作風で、気品と余韻を感じさせる表現、勝珉は鏨をまるで絵筆の様に自在に操り、大胆さと繊細さを兼ね備えた作風で、両者とも絵筆では表現出来ない金工の美しさを追求した作家でした。

今回の展覧会では、両者の作風の違いや、鏨痕の美しさにも是非注目してご覧ください。
CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

村田理如館長が直接ご案内と解説をして下さいます。
実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2013年4月14日(日)14:00~
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗