1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 谷崎潤一郎文学の着物を見る

谷崎潤一郎文学の着物を見る

2018/09/15 ~ 2018/12/02


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

【作品画像】(1)「肉塊」ダンスホール女性(2)「台所太平記」鈴(3)「痴人の愛」ナオミ/短靴:大塚政靴蔵(4)「細雪」雪子
(1)~(4)いずれも 着物監修:大野らふ 着物写真 協力:河出書房新社 
撮影:大橋愛 

文豪・谷崎潤一郎(1886-1965)は、その著作の中で女性とその装いを濃密に表現しました。しかし、没後半世紀を経て、日常生活において着物と馴染みが薄くなりつつある現代においては、作中の描写からその様子を思い描くことは難しくなってきています。谷崎自身が想定していた着物とは、いったいどのようなものだったのでしょうか。

今回の展覧会では、さまざまな資料を元に、谷崎作品を彩る登場人物の着物の着こなしを改めて検証します。あわせて、代表作「細雪(ささめゆき)」をはじめ、「痴人の愛」「春琴抄(しゅんきんしょう)」「台所太平記」など、多様な作品に表された魅力あふれるヒロインたちの華やかな装いの数々を、谷崎の文章や挿絵、当時の時代風俗なども手掛かりに、アンティーク着物で再現します。

また、谷崎はアサヒビール大山崎山荘美術館の本館である「大山崎山荘」を建てた実業家・加賀正太郎(1888-1954)とも交流がありました。大正から昭和にかけて建てられた山荘は、まさに谷崎が生き、彼によって描かれた多くの物語と同時代の建築です。かつての雰囲気を色濃く残すこの建物とともに、谷崎文学の世界をご堪能下さい。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

アサヒビール大山崎山荘美術館の学芸員が、この展覧会の見どころを解説いたします。

日時:展覧会会期中の第2・第4土曜日 14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
料金:無料(ただし、美術館の入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】カフェ企画

展覧会期間中、喫茶室ではリーガロイヤルホテル京都が考案した、期間限定の特製スイーツを提供します。
今回は、谷崎潤一郎が生前愛したというモカロールと、モネの庭をイメージした紫芋とラムレーズンのケーキが登場します。
この機会にご賞味ください。

期間:展覧会会期中
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 本館2階 喫茶室
料金:550円(単品税込/美術館入館料は別途必要です)
協力:リーガロイヤルホテル京都

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗