1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. タムラノボルの世界展

タムラノボルの世界展

2014/08/02 ~ 2014/08/12


キモ・カワ・コワ
摩訶不思議な顔が押し寄せるタムラノボルの独創的なボールペン画の世界。


大阪出身のイラストレーター・タムラノボル氏によるボールペン画展です。
映像業界で特殊メークや特殊造形、アニマトロクス制作のプロとして世界トップクラスの実績を残したタムラ氏。彼は10代の頃から独特のスタイルのボールペン絵画を描き続けており、現在はボールペン画を主体に活動を続けています。
この展覧会では、そんなタムラ氏の作品世界を通じ、美しさだけに留まらない「顔」の持つ表情の奥深さをご紹介します。
大作「妖宴伝」を初めとした、圧倒的な精緻さは必見です。この機会にぜひご覧ください。
 

タムラノボル(田村登留)

1962年大阪生まれ。高校よりフリーのイラストレーターとして仕事を始める。
20代前半、映画の特撮や特殊メーキャップに興味を持ち、関西の大学やプロの自主映画に参加。以降、そのまま映像業界で特殊造形・アニマトロクス製作のプロとして活動する。20代後半にはロンドンの「ジムヘンソン・クリーチャーショップ」に参加。この頃、造形作家のロン・ミュウクに出会い触発を受ける。
1988年には小林照子氏と出会い、渋谷のザ・ベストメイキャップスクールにて初個展を開催した。
40代後半からは映像業界での仕事を停止し、大阪に戻って作家活動を再開。2010年には『タムラ ノボル ノ サクヒン ノ コテン』(下北沢ギャラリー・アレイ)で22年ぶりに個展を開催。翌2011年には大阪乙画廊にて関西初個展を開催した。2012年には『ART KYOTO 2012』に出品。10代の頃より変わらぬ独特のスタイルのボールペン絵画を描き続けている。
 

会場・アクセス

青山ビューティ学院高等部・京都校
京都府京都市下京区四条室町角(北東角)WAONビル4F
【地下鉄】烏丸線「四条」駅 2番出口すぐ
【阪急】「烏丸」駅 24番出口すぐ
http://abg-k.jp/


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗