1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 竹内栖鳳展 近代日本画の巨人

竹内栖鳳展 近代日本画の巨人

2013/10/22 ~ 2013/12/01


【京都市美術館】

京都市美術館

【作品画像】
(上)     《班猫》 重要文化財 大正13(1924)年 山種美術館 ※展示期間:11/12-12/1
(下1) 《大獅子図》 明治35(1902)年頃 藤田美術館 ※展示期間:10/22-11/10
(下2) 《絵になる最初》 大正2(1913)年 京都市美術館
(下3) 《ベニスの月》(ビロード友禅) 明治40(1907)年 大英博物館 ©The Trustees of the British Museum. All rights reserved.


明治から大正、昭和にかけて京都を拠点に活躍した日本画家・竹内栖鳳(たけうち・せいほう)。
彼は、京都画壇の近代化の旗手として、上村松園(うえむら・しょうえん)や土田麦僊(つちだ・ばくせん)をはじめとする多くの後進に影響を与えるなど、近代日本画史に偉大な足跡を残しました。

幕末の京都に生まれた栖鳳は、当時京都を代表する画家のひとりであった四条派の幸野楳嶺(こうの・ばいれい)の下で絵を学びました。しかし栖鳳は自分の流派に拘らず、積極的に狩野派や円山派など他の流派の表現を取り入れ、また決まったモチーフや画法を形式的に継承することを否定し、画壇の古い習慣を打ち破ろうとしました。

その背景には、明治33年(1900)の渡欧経験がありました。この年、栖鳳はパリ万博視察のためヨーロッパへ渡り、約半年間の滞在中に各地で数々の西洋美術の名品に触れ、実物をよく観察することをの重要性を強く実感しました。
そして帰国後、栖鳳は西洋美術が持つ実物観察に基づく「写生」と、日本の絵画が伝統的に得意とする、ものの本質を描き出す「写意」の表現を融合し、新たな時代にふさわしい画風を確立しました。

竹内栖鳳の過去最大規模の回顧展となる本展では、各地に所蔵されている栖鳳の代表作や重要作を可能な限り網羅し、加えて展覧会初出品となる作品や、これまで行方不明で長く公開の機会がなかった作品など、約110点もの作品を展示します。
また、あわせて素描や下絵などの資料も約60点展示し、栖鳳が新たな時代に築き上げた日本画の礎を示します。

※ 期間中多数の展示替がございます。作品によって展示期間が異なりますので、予め公式サイトなどでご確認ください。
※ 同時期に開催される展覧会との相互割引がございます。詳細は下記概要欄をご確認ください。
 

同時開催 下絵を読み解く~竹内栖鳳の下絵と素描

日時:2013年10月19日(土)~12月1日(日)
※ 「竹内栖鳳展」とは別料金ですが、入場券の半券定時にて割引料金で入場可能です。
詳細はこちら

【特集】京都ゆかりの作家「竹内栖鳳」


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

会場:京都市美術館講演室
定員:各日90名
※参加無料。ただし展覧会の入場券(半券可)が必要です。
※事前申し込みは不要です。当日13:00より正面玄関前にて整理券が配布されます。

記念講演会「竹内栖鳳と日本画の近代―描法の展開」


日時:2013年11月9日(土)14:00~15:30
講師:佐々木正子(京都嵯峨芸術大学 教授)

記念講演会「竹内栖鳳と西洋絵画」


日時:2013年11月16日(土)14:00~15:30
講師:潮江宏三(京都市美術館 館長)

講演会「竹内栖鳳 巨星、京都に現る」


日時:2013年11月2日(14:00~15:30)
講師:吉中充代(京都市美術館 学芸課課長補佐)

【関連イベント】夜間開館ギャラリートーク

ギャラリートークの夕べ


日時:2013年10月26日(土)17:00~18:00
講師:吉中充代(京都市美術館 学芸課課長補佐)
会場:京都市美術館 会場入口
※参加無料。ただし展覧会の入場券(半券可)が必要です。
※事前申し込みは不要です。
 ただし希望者多数の場合は参加できない場合がございます。予めご了承ください。

※この他にもイベントが予定されています。詳細は公式サイトなどでご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗